無声映画を語る

  • 昨日は『山崎バニラの活弁大絵巻』満員御礼、本当にありがとうございました!ポスターにドドンと「完売御礼」の貼り紙…!気持ちいい!着物も洋服もクリスマスっぽく♪ 着物は義母の、洋服はご近所さんのおさがりでした。スタッフの皆様、ご近所さんや家族にすさまじく助けていただき、無事に公演を終えることができました。

    READ MORE

  • 12月10日(日)14:00開演『山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ』が、なんと満席になりました!当日券は出ませんのでお気をつけくださいませ。本当にありがとうございます!楽しんでいただけますよう頑張ります☆

    READ MORE

  • 自宅鑑賞含め例年100本近く見ていた映画も、今年はほとんど見られていません。その代わり、私に大きな喜びを与えてくれているのが「日本アニメーション映画クラシックス」。国産アニメ誕生100年を記念し、フィルムセンターが初期のアニメーションをネット上で公開しているのです。

    無声映画の漫画映画だけで60作品。とりあえず半分の30作品まで観終わったので、特に印象に残った作品の感想を書きたいと思います。いくつか試しにご覧になりたい方は是非ご参考になさってください。

    漫画 あめやたぬき
    なんとコミカルな動きでしょう!本当はレコードトーキーだったそうなので、かわいい歌も聞いてみました。監督など詳細不明なので予備知識なく観たら、ものすごく掘り出し物でした。現存しているフィルムの長さと歌の長さが違うようなので、映像に合わせて歌を再編集して弾き語りできたらいいなぁ。

    難船ス物語 第壱篇 猿ヶ嶋
    タイトル通りまさにナンセンス。途中までは今となってはありがちな展開なのですよ。でも、島に漂着してサルに育てられた人間がそういう性格に成長するのか…!衝撃&笑撃の結末。アニメーションだけでなくストーリーにもびっくりしましたよ。続編が残っていないのが残念。

    猿蟹合戰
    私もよく活弁している切り紙アニメの名手・村田安司さんの記念すべき第一作。カニが…気持ち悪い!!(笑)カニ全体が頭になっていて、首から下が人間の身体なので、じゃあ、カニの8本足はなんなんだよ!っとつっこみたくなります。しかも途中、ささっと頭、いや、カニが人間の身体から外れたり。

    今年限りの公開予定だそうなので、残りも楽しみに、娘が寝静まってから制覇しようと思います。映画がネット上でのみ公開されることに賛否あるようですが、「日本アニメーションクラシックス」はとにもかくにも私の生活に文化的うるおいを与えてくれています。

    12月10日(日)14:00開演 山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ まであと2週間ちょっととなりました。手ぬぐい台本カバーも新調し気合いを入れております。お蔭様でお席が徐々に埋まってまいりました。迷われている方、是非ぜひそろそろご予約くださいませ。すでにご予約いただいている皆様、本当にありがとうございます!

  • 夏に京都国際マンガミュージアムで国産アニメーション誕生百周年記念展示『にっぽんアニメーションことはじめ「動く漫画」のパイオニアたち』を開催していたのがとてもうらやましく、「東京近郊でも開催しないかなぁ」と思っていました。『神様はじめました』でお世話になった大地丙太郎監督は京都まで見に行かれていました!

    READ MORE

  • 10月28日公開の映画『リュミエール!』(※リンク先は予告編が始まり音が出ます)を一足先に鑑賞しました。活弁ライブにご来場いただいている方はお名前を聞いたことがあると思いますが、フランスのリュミエール兄弟は、一度にたくさんの人が動画を見られるシネマトグラフ、つまり映画を発明した方々であります。

    READ MORE

  • 京都国際映画祭2017が無事に閉幕いたしました。大江能楽堂にて突貫レディ再結成。写真は司会のアッパレード木尾さんとともにフォトセッションの様子。

    READ MORE

  • 今週は京都国際映画祭2017が開幕です!坂本頼光弁士と坂本真理さんが、リハーサルのついでとは思えぬクオリティーのCMを作ってくださりました!さすがサカモッツです…!

    片岡一郎弁士がブログでサイレント映画部門を書き出してくださったので、こちらでは大江能楽堂での活弁&生演奏付上映に関しまして転載させていただきます。ものすごーく充実した内容で全プログラム1000円ですぞ!私は最後、10月15日15:00~。娘の保育園が決まらなかったため(!?)サイレント映画部門のトリを務めます。

    全作品 会場:大江能楽堂
    〒605-0981 京都府京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町646
    ※タクシーご乗車の際は住所をお伝えいただくのが確実なようです。

    【伝説のコメディエンヌ~麗しきハリウッドの大スターたち】
    日時/10月13日13時50分~
    演目/『優雅な水遊び』『デブ嬢の海辺の恋人たち』『危険な娘』『固唾を呑んで』
    出演/坂本頼光(活動写真弁士)、坂本真理(楽士)、新野敏也(解説)
    料金/前売り:1000円、当日:1200円(全席自由)
    ご予約/チケットよしもと

    【最強のコメディ特集~喜劇映画アラカルト】
    日時/10月13日16時30分~
    演目/『ペギィのお手柄』『イカサマ野郎』『モロッコ製の女給』『ポリドールvs.日本人』『最狂自動車レース』
    出演/谷川賢作(ピアノ)、渡辺亮(パーカッション)、新野敏也(解説)
    料金/前売り:1000円、当日:1200円(全席自由)
    ご予約/>チケットよしもと

    【こどもから大人までが楽しめるカツベン!】
    日時/10月14日12時00分~
    演目/『おもちゃ映画de玉手箱』『茶目子の一日』『魔法のランプ』『自来也』『極楽うるさいヤツら』
    出演/大森くみこ(活動写真弁士)、鳥飼りょう(ピアノ)、上沼健二(パーカッション)、太田米男(解説)
    料金/前売り:1000円、当日:1200円(全席自由)
    ご予約/チケットよしもと

    【伝説のコメディエンヌ~喜劇の女王 メーベル・ノーマンドPart1】
    日時/10月14日15時00分~
    演目/『恋は泥沼』『強敵』『デブと海嘯(ファッティとメーベルの漂流)』
    出演/澤登翠(活動写真弁士)、柳下美恵(サイレント映画ピアノスト)、いいをじゅんこ(解説)
    料金/前売り:1000円、当日:1200円(全席自由)
    ご予約/チケットよしもと

    【伝説のコメディエンヌ~喜劇の女王 メーベル・ノーマンドPart2】
    日時/10月15日15時00分~
    演目/『水の妖精』(伴奏音楽のみ)『臨時雇の娘』
    出演/山崎バニラ(活動写真弁士)、坂本真理(楽士)、新野敏也(解説)
    料金/前売り:1000円、当日:1200円(全席自由)
    ご予約/チケットよしもと

    是非ご来場くださいませ!私が全部見たい~!!

  • 静岡県の森町文化会館に学校公演に行ってきました。森町の小中学生、約700名が集まってくださりました。最初のご挨拶で私の声にとまどい、やがて大笑い。前説で私が声を担当したアニメのキャラクターを紹介すると歓声。その勢いで弁士と声優の違いをご説明し『活動写真いまむかし』上映へ。

    READ MORE

  • 映画情報サイト「映画と。」に先日のイベントの詳細な記事を掲載していただきました。
    喜劇映画のビタミンPART5突貫レディ『臨時雇の娘』
    新野さんの解説、私にとって永久保存版です。もう印刷しました。

    READ MORE

1 2 3 4 5 6 8
  • 最近の投稿

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー