無声映画を語る

  • 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009『キネマと恋人』を観劇してまいりました。本作は3年ぶりの再演で、原作のウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』もございますので、ネタバレ気にせず書かせていただきます。これからご覧になる方はどうかご注意くださいませ。

    演出はケラリーノ・サンドロヴィッチさん、主演は緒川たまきさんと妻夫木聡さん。1935年、発声映画になったばかりの日本が舞台。映画が大好きなハルコさん(緒川たまきさん)の元へ、スクリーンから憧れの俳優・高木高助扮する“間坂寅蔵”(妻夫木聡さん)が飛び出してきて大騒動というファンタジーです。

    冒頭から、喜劇映画研究会初代会長だったケラリーノさんの無声映画コメディ愛に心躍ります。妻夫木聡さん扮するミュージカル・コメディアンを目指す高木高助が憧れるのはハリー・ラングドン…!パンフレット情報によると小道具の切符にはきちんとラングドンのお顔が印刷されているそうです。観客には全く見えません(笑)

    ヒロインがあの独特な役作りのまま3時間半の舞台をこなすってとても技術のいることだと思うのです…緒川たまきさん、素晴らしかったです。今の舞台って、こんなにすごいの?!と感激した映像との融合。アートディレクターってすごいんだな~!

    写真はパンフレットの表紙です。喜劇映画研究会現代表、おなじみ新野敏也さんも対談されています。どのページも充実の内容で、どのようにこの隙のない完璧な舞台が作りあげられていったのか興味深く拝読しました。

    劇場の帰り道はハルコさんがかわいそうで、切なかったです。しかしやがて、ハルコさんがたとえ愛する高木さんと一緒に“東京”に行けたとしても幸せになれたかな?そもそも高木さんはハルコさんなしで俳優としての成功を維持できるのかな?ピンチなのはむしろ高木さんの方なのでは?などあれこれ考えました。そのくらいどの俳優さんも舞台の上で“生きて”いました。

    先日取材していただいた「映画と。」の記事で「まるで『カイロの紫のバラ』のワン・シーンを観ているかのようであった。」と私の弾き語り活弁を、偶然にも『キネマと恋人』の原作をあげて評していただいたことを、あらためてたいへん嬉しく感じました。

  • 国立映画アーカイブ「こども映画館2019」の詳細が発表になりました。前身のフィルムセンター時代を含めまして、国立映画アーカイブ初登場です!チラシには私のイラストも描いていただきました。わかりやすくて得だなぁ(笑)

    2019年7月26日(金)、8月3日(土) 各日13:30開演(13:00開場)  活弁・演奏付き上映
    ■会場:国立映画アーカイブ 小ホール(地下1階)

    ■定員:各日150名 ※定員に達し次第、しめきります
    ※こどもの引率・付添ではない高校生以上の方のお申込はお断りしております。

    ■料金:中学生以下 無料/一般520円/高校生・大学生・シニア(65歳以上)310円
    ※高校生・大学生・シニア(65歳以上)の方は、当日必ず証明できるものをご提示ください。

    ★全プログラム事前申し込み制です。(申込フォームのみ)
    7月9日(火)16:00~受付開始
    公式サイトでは7月9日(火)16時より申込フォームへのリンクが表示されます 。

    ■演目
    7月26日「活弁と生演奏で楽しむ日本のコメディ」
    『心の力』『居酒屋の一夜』『突貫小僧』『石川五右ヱ門の法事』
    8月3日「活弁と生演奏で楽しむアクション・コメディ」
    『キートンの蒸気船』

    是非ご予定空けておいてください♪

  • 先日のゆめりあホール公演を記事にしていただきました。
    映画情報サイト『映画と。』
    「山崎バニラの活弁大絵巻inゆめりあ2019~勇者のアイテム」レポート
    「カツベン」の波を起こそう!映画を聴きに行こう♪

    ライターの藤澤貞彦さんがもっとも感動してくださったギャグ が『豪勇ロイド』で私がピアノ椅子から立ち上がったシーンだったそうで、
    「 まるで『カイロの紫のバラ』のワン・シーンを観ているかのようであった。100年近く前の俳優と現代の人の視線が合い、そのコラボでギャグが生み出される。こんなにもロマンチックで幸福なことはない。 」
    と素晴らしい賛辞を寄せてくださりました。『忍術千一夜』のつっこみはノーマークでしたので、再演の際は喜々としてツッコミたいと思います(笑)

    実は今回、初めてのアングルで舞台写真も撮影していただきました。臨場感ありますね…!記事には他にも数々の写真を掲載していただいております。

    そして、明日の『ドラえもん』はジャイアン誕生日スペシャル回、ジャイ子も登場しますので、お楽しみに。さらに、本日の連続テレビ小説『なつぞら』に山寺宏一さんが活動写真弁士「豊富遊声」役でご登場!本当に、活弁の波がきています…!

  • 今年も新宿スペース・ゼロで独演会が開催できることになりました!全労済ホール/スペース・ゼロは6月から名称が変更になり、「こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ」になりました。がしかし「全労済ホール/スペース・ゼロ30周年記念」公演の一環となります。ちょっとややこしいですが、とにかくスペース・ゼロにお集まりくださいまし!新施設名も、30周年もおめでとうございます!!

    10月20日(日)14:00開演「山崎バニラの活弁大絵巻2019~陽気な仇討ち」と題しまして、楽しい仇討ち三部作『猿蟹合戦』『豪傑児雷也』『荒武者キートン』をお届けします。楽しい仇討ちものがよく3作品も見つかりました(笑)詳細は後日発表ですが、先に仮チラシを作ってくださりました!バニラ同士で仇討ち感満載です。娘のピアノを借りて、良い写真が撮れました。

    7月26日(金)と8月3日(土)の国立映画アーカイブ「こども映画館」の告知も掲載していただきました。こちらも後日詳細をお知らせします。国立映画アーカイブ初登場です!

    引き続き、7月19日(金)19:00開演「山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす」(北海道鷹栖町、たかすメロディーホール)もよろしくお願いいたします!

  • 昨日は『山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ2019~勇者のアイテム』満員のお客様にご来場いただきまして、まことにありがとうございました!ご来場いただいた皆様に少しでも“心の力”をお届けすることができていましたら幸いです。練馬区文化振興協会様、撮影もしてくださった喜劇映画研究会様、メイクの渡辺さんもたいへんお世話になりました!

    『豪勇ロイド』はおばあちゃんの愛情に包まれた作品なので、宮城県白石市の祖母が生前好きで着ていた紬の着物を母がリメイクしてくれた洋服衣装で登場しました。

    本作はヒロインのミルドレッドがピアノを弾きながら歌うシーンがあり、途中で歌声の主が猫に切り替わります。当然、ミルドレッドも猫も私が声を担当しているわけですが、家で練習すると娘はキョトン…。「猫の声どうやってるの?」と私の口の中をのぞいては不思議がっていました(笑)娘のリクエストで何度も歌っていたので、歌唱力が上がったと家族にほめられました。

    他にも私がピアノ席から立ちあがって、スクリーンのロイドとミルドレッドと共演(?)したりと、いつにもまして縦横無尽の弾き語り活弁をご披露いたしました。恋愛ソング(?) 『形状記憶』 も気に入っております♪ 心温まる大好きな作品、オマージュをささげた千代紙アニメ『心の力』とともに、これからもたくさん再演したいです。どうもありがとうございました。

  • 6月2日(日)『山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ 2019~勇者のアイテム』いよいよ今週末です。たいへんありがたいことに公演2ヶ月前に完売、当日券はございませんのでご注意くださいませ。そしてチケットお持ちの方は2ヶ月以上前にご購入くださった方ばかりのはずです。どうかお忘れなくご来場くださいませ(^^;

    『豪勇ロイド』は先日、北海道千歳市公演の空港に向かう直前に、ロイドの新たな動きに気づき、台詞を追加したばかりです。初演から10年以上経っても発見があります。『豪勇ロイド』にちなんだ衣装で登場いたします^^

    当日、皆様にお配りするプログラムには夏や秋のイベント情報も掲載されますのでお見逃しなく。ロビーには新商品も並んでいますので、是非ご覧くださいませ☆練馬区の皆様、練馬区以外からもおこしいただく皆様、お会いできるのを楽しみにしております。

    写真は前回、2017年ゆめりあホール公演でのリハーサル風景。 「やべっ、また間違えた」なのか、「これで本番バッチリだ」の表情だか忘れてしまいましたが、とても楽しい公演でした♪

  • 北海道公演、今度は鷹栖町におうかがいいたします!
    山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす
    2019年7月19日(金)19:00開演(18:30開場)
    ■会場:たかすメロディーホール北海道上川郡鷹栖町南2条4丁目
    ■演目:『活動写真いまむかし』/『豪傑児雷也』大正琴弾き語り/『荒武者キートン』ピアノ弾き語り

    ■料金(全席指定)前売 1,500円/当日 2,000円
    ※4歳以上のお子様からご入場いただけます。
    ※代金引換サービスあり(チケット代金+郵送料+代金引換料)
    詳しくは、たかすメロディーホールへ TEL:0166-87-2500

    ■チケット発売日:5月25日
    たかすメロディーホールでの販売は9:00~17:00(月曜日、火曜日は休館日)
    ■チケット取扱店
    篠原商店(鷹栖町)/JAあさひかわ北野資材センター(鷹栖町)/舞・ふれんど(旭川市)/大雪クリスタルホール売店(旭川市)/ヤマハミュージック旭川店(旭川市)/たかすメロディーホール(鷹栖町)

    ■主 催:鷹栖町/鷹栖町教育委員会
    ■お問合せ:たかすメロディーホール TEL:0166-87-2500
    ■協力:株式会社粋まち/喜劇映画研究会/株式会社マツダ映画/おもちゃ映画ミュージアム

    弁士によってガラリと印象が変わる無声映画ならでは、無声映画観賞会では綱手姫の婚活話に置き換えて語ってしまった『豪傑児雷也』、いよいよ大正琴弾き語り。そして昨年の京都国際映画祭でピアノ弾き語り初披露、自分でも台本と曲がたいへんよくできたと思えた『荒武者キートン』再演です!躍動感あふれるチラシにもご注目あれ☆是非ご来場くださいませ。

  • 6月2日(日)『山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ 2019~勇者のアイテム』もいよいよとなってまいりました。チラシの裏面をご紹介する前にチケットが完売という嬉しい展開に。でも素敵なデザインなので記念に掲載いたします。

    久しぶりの活弁となります漫画映画『心の力』(1931)。本作は、私が弾き語りならではのミュージカル風活弁を志した記念すべき第一作です。千代紙アニメの巨匠・大藤信郎さんの作品で、当時の文部省制作なのですが…、つっこみどころ満載です。

    2010年に国立映画アーカイブ(当時のフィルムセンター)で大藤信郎展が開催され、たくさんの資料が初めて一般公開されました。私はおかだえみこさん、津堅信之さん、どちらのトークショーにも馳せ参じました。おかだ先生の「日本舞踊もやっていた大藤さんは踊りながら動きを考えた」という情報や、津堅先生の「大藤さんは、誰からも影響を受けず、誰にも影響を残さなかったのが特徴」という表現が印象に残っています。

    大藤信郎さんは日本で初めて世界に認められたアニメーターと言っても過言ではありません。精巧な千代紙アニメは登場人物が一歩動くのに7枚の絵を必要としたそうです…!作風が色セロファン影絵にうつると、1950年代にはベネチア映画祭やカンヌ映画祭で受賞し、ピカソも絶賛したそうです。

    「そんなに面白そうなら見たかったよ…」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。本作はまた近々お披露目の機会がありそうな予感もいたします。そして、もう10年前の拙著でございますがエイ出版『活弁士、山崎バニラ』付録DVDにも短縮版が収録してございますので、よろしければ是非ご覧ください^^

  • 映画『僕たちのラストステージ』の公開が今週で終わる映画館が多いようです。(地域によってはこれからの公開です!)私がマスコミ試写で拝見したときの感想はこちら。劇場公開のパンフレットには、マスコミ試写でご一緒した喜劇映画研究会代表の新野敏也さんの解説や、劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんのインタビューが掲載されています。裏表紙もときめくデザインなので掲載しました。

    新野さんの解説は殊にトーキー時代の元ネタについて初めて知ることばかりでした。 弁士にとってはもはや映画のパンフを超えた貴重な資料になっています。 コンビが一度だけ別の相手と組んだ様子は、映画ではパッとしない、若干ミーハー気質なコメディアンとして描かれていたのですが、実際はハリー・ラングドンだったのですね…!パンフレットには「ふたりと同時代の喜劇人たち」というページもあり、ラングドンはそこでも紹介されている名コメディアンで、ハリー&オリーも面白かったのでは?!と思ってしまいました。

    私は先日のブログでローレル&ハーディの芸風を「とんがった」とオブラートに包んだのですが、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんはインタビューで「粘着質」と評したのには膝を打ち、新野さんがブログの「ローレル&ハーディ伝説 ④~『僕たちのラストステージ』応援作戦その3」内で「陰湿で排他的で不健康な笑い」とまで解説しているのには笑ってしまいました。

    そのようなわけで、世界三大喜劇王、チャップリン、キートン、ロイドと比べるとなかなか活弁の機会がなかったのですが、伝記映画公開を機に、私もネチネチした笑いに挑戦したいと思っています。是非、ご鑑賞の記念にパンフレットもゲットしてください☆

  • 5月3日は白石の帰りに渋谷アップリンクに直行しました。柳下美恵のピアノdeシネマ、お目当てはエルンスト・ルビッチュ監督の『陽気な巴里っ子』(1926)。2組の夫婦の不倫コメディ、 とにかく口説きまくる作品です。解説でご登場の喜劇映画研究会代表の新野敏也さんは「本作は窓とステッキがテーマ」とおっしゃっていて、上手で上品な前説だなぁ…と思わずメモしました。

    室内シーンが多いのですが、制作予算はキートン長編(「海底王」「セブン・チャンス」等)とほぼ同じくらいかかっているのだとか。どこにそんなにかかっているのかというと恐らく、奥様に怒られた夫が小さくなっていくシーンとのこと。CGのない時代、ちょっとずつサイズを大きくしたセットを作ったということでしょうか?!

    本作には当時の流行ものも多く取り入れられています。冒頭はいきなり『シーク』のルドルフ・ヴァレンチノのパロディー。ダンスホールではチャールストンを踊りまくります。映像効果とともにその迫力は圧巻。ダンスホールからラジオ中継されているのですが、これも周波数が整い全国的に聞けるようになったばかりのアイテム。ラジオを通して夫の裏切を知ることとなります。

    このように活弁しがいのありそうな作品で、いつかきっと弾き語り活弁したいとかねてより希望しており、『ルビッチ・タッチ』なども読んで勉強を始めておりました。でも本作はファミリー向け独演会スタイルではちょっと難しいので、大人向け公演の好機を狙っていきます。 そして本作は特に、人としてもっと成熟していないと活弁が難しい作品と思っております。柳下さんのピアノ演奏はとても洗練されていて、大人な空間を満席の会場で共有、笑いの絶えないひとときでした。

1 2 3 4 5 6 14
  • 最近の投稿

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

    • 2019
    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー