無声映画を語る

  • IMG_0168

    昨年の夏に活弁した『ボリシェヴィキの国におけるウエスト氏の異常な冒険』(1924)を含む3作品が入ったレフ・クレショフ傑作選DVD-BOXがとっくに発売中です。ようやく全部見ました。本DVDには活弁は入っておらず、素敵な音楽とともに収録されています。

    レフ・クレショフとはロシア映画界のみならず、世界の、そして現在にも通じる映画編集方法に影響を与えた人物です。「クレショフ効果」なんて言葉もあります。他2作品はボリシェヴィキ~のコメディーと全く作風が異なります。

    READ MORE

  • P1000025-8

    昨日、予告した最近の大きな買い物とは、電子ピアノのことでした。7年間使い倒した電子ピアノがだいぶくたびれてきてしまったのと、7年前でもお手頃価格の機種だったので、活弁ライブの本番前は必要に迫られ練習するのですが、なかなか日ごろ弾く気になれないでおりました。

    また、先日お茶をした舞台衣装さんが最近、電子ピアノを購入したお話を事細かに語ってくださり、影響を受けやすい私は電子ピアノのことばかり考えるように。彼女のアドバイス通り、各会社のものを弾き比べに電気屋さんや楽器屋さんにくり出しました。

    READ MORE

  • IMG_0105

    昨日は第670回無声映画鑑賞会に行ってきました。私が出演したりお手伝いしていたころは門仲天井ホールでの開催でしたが、2012年に閉館してしまったため現在は日暮里サニーホールです。会場内での飲食は禁止のため、「おせんにキャラメル」は「おみやげ」となりました。

    READ MORE

  • 先日、週アスPLUSに寄稿しました「今回の将棋電王戦について思うこと」が「将棋電王戦と「機械的失業」と棋譜の著作権」で取り上げられていました。書かれたのは福井健策弁護士で、ご面識はないのですが私は大学で授業をする際にはレジュメに゛オススメ本″として福井先生の『ビジネスパーソンのための契約の教科書』をご紹介しております。もちろん社会人の方にこそオススメの本です。

    IMG_3248

    READ MORE

  • 先日の皆さまがツイッターでつぶやいてくださった公演の感想をまとめました→2014/4/3~4全労済文化フェスティバル参加『山崎バニラの活弁大絵巻2014』 活弁をご覧になったことがない方々がお出かけになるきっかけになれば嬉しいです。そして、じっくり書いて後日劇場にお送りくださったアンケートが私のもとに続々と届いております。素敵なご感想をたくさんありがとうございました!

    IMG_3235

    本日はキネカ大森『雄呂血』を見に行ってきました。

    • 映画説明:片岡一郎弁士
    • パーカッション:田中まさよしさん
    • 三味線:宮澤やすみさん

    READ MORE

  • IMG_3213-2

    全労済文化フェスティバル参加『山崎バニラの活弁大絵巻2014』たくさんのご来場、まことにありがとうございました!

    とにかくバスター・キートンに助けられた2日間でした。他の作品も笑い声はよく聞こえたのですが、キートン作品となると、子どもも大人も会場が大爆笑。また両日ともキートン昨品を最後にしたため、初めて活弁を観るお客様が「楽しみ方」をわかってきたような印象も受けました。

    READ MORE

  • 本日発売の『週刊新潮』掲示板に無声映画に関するお尋ねを掲載していただきました。お心当たりの方は是非情報をお寄せくださいませ。

    IMG_3133

    READ MORE

  • 先日NHKとEテレで放送された視点・論点「無声映画・活弁士の今」。
    原稿が公開されましたLinkIconこちら
    オンデマンドはLinkIconこちら(2月12日まで有料配信)です。

    IMG_3130

    READ MORE

  • IMG_3126-2

     

    早朝からNHK『視点・論点』をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。本日この後、13:50~Eテレで再放送ですので、是非ご覧くださいませ。収録スタジオで写真撮影を忘れてしまったら、副調整室でどうぞと言っていただき、テレビ局に座敷童現るみたいな、なんだか面白い光景になりました。

    READ MORE

  • 最近の投稿

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー