イベント!

  • 3月25日の第728回無声映画観賞会では、15年振りくらいに『忍術千一夜』(1939年、大都映画)を活弁いたします。松方弘樹さん、目黒祐樹さんのご両親、若き日の近衛十四郎・水川八重子がご出演。

    『幻のB級!大都映画がゆく』本庄慧一郎著(2009年、集英社)を『弥次喜多 岡崎猫退治』の活弁以来、楽しく読み直しました。そして今回は本書の参考文献に出ていた『巣鴨撮影所物語―天活・国活・河合・大都を駆け抜けた映画人たち』渡邉武男著(2009年、西田書店)もたいへん興味深く読みました。

    大都映画の前身である河合映画を作った、全身彫り物だらけ(!)の河合徳三郎社長のワンマンぶりがとにかくすごい…!社長の前でオナラをしてしまった大物俳優は退社を命じられ、映画化の原作料なんてなんのその、映画業の傍ら政治家に転身した際には試写室に所員を集めて演説のリハーサル、よその撮影所に移籍希望の俳優には子分たちがピストルやナイフで脅したり実際に…これ以上は書くのも恐ろしい…!今ではとても許されないその豪快さで、年100本もの量産体制を確立していったのです。

    そんな大都映画から生まれたのが痛快B級特撮忍術映画『忍術千一夜』。撮影所の雰囲気も伝わるような豪快な台本が書けたら…なんて思っております。なので、本日の偉そうな写真はご容赦くださいませ。一応、鑑賞会のチラシを持っています。

  • 先日は楽天主催のRakuten Evangelist Party 2019でご案内役を務めてまいりました。このようなパーティーは今回で14回目だそうです。ご覧のようにとてもとてもゴージャスなステージで、ステージ下にはコケまで生えていました!(写真をご参照くださいませ。) お客様も華やかで、ご案内役でありながら、私もまた新しい世界を知ることができました。

    左から武人画師のこうじょう雅之さん、大正琴を持った私、箏奏者の今西紅雪さん、茶道家の池田和歌子さん、和歌子さんのお点前にギターの生演奏(!)をしたのが高山一弘さん。どのパフォーマンスもアヴァンギャルドで、控室でも様々なお話をうかがうことができ、たいへん楽しかったです。

    出演者の写真が組み込まれたスタイリッシュなオープニング映像をリハーサルで見せていただいたときには、自分がずいぶんかっこよく見えて、思わず「この映像、実家のお父さんとお母さんにも見せてあげたかったなぁ」と全然かっこよくないことをつぶやいていました(笑)

    私は皆様のパフォーマンス前に日本画や箏、茶道の歴史をベベベンと語り、その他に日本クラフトビールや日本酒、日本ワインの歴史もご紹介、お客様に実際に味わっていただきました。やはりご案内役でありながら、私も日本産の素敵なものたちの歴史を知ることができた、有意義なひとときでした。

  • また大泉学園ゆめりあホールで独演会ができる事になりました!

    山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ 2019~勇者のアイテム
    2019年6月2日(日)14:00開演(13:30開場)
    ■演目:
    漫画映画『心の力』大正琴弾き語り/時代劇『忍術千一夜』大正琴弾き語り/洋画『豪勇ロイド』ピアノ弾き語り
    ■会場:大泉学園ゆめりあホール

    ■料金
    全席指定 一般:2,000円/子ども(4歳~小学生):1,000円
    友の会会員  一般:1,800円/子ども(4歳~小学生):900円(2枚まで)

    ■チケット
    2月27日(水)10:00~ 販売開始
    練馬文化センターチケット予約専用電話 03-3948-9000(10時~17時)
    インターネットチケット予約・販売 (要利用登録【無料】)​​​​
    練馬文化センター/大泉学園ゆめりあホール 窓口(10時~20時)

    ■主 催・問合せ:(公財)練馬区文化振興協会 TEL03-3993-3311
    ■協 力:喜劇映画研究会/株式会社マツダ映画/国立映画アーカイブ

    念願の、本家『豪勇ロイド』と、『豪勇ロイド』へのオマージュである千代紙アニメ『心の力』同時上映が実現します!『忍術千一夜』と合わせまして「勇者のアイテム」は我ながら良き公演サブタイトルです^^ 理由は見てのお楽しみ☆ 是非ご予定空けておいてください♩

  • 今年も無声映画観賞会に出演させていただきます。
    2019年3月25日(月)18:30開演(18:00開場 21:00終映予定)
    第728回無声映画鑑賞会~娯楽忍術映画から映画史上の名作まで活動写真バラエティⅡ~

    ■演目
    『散り行く花』弁士:澤登翠
    『相撲の妙技』弁士:山城秀之
    『忍術千一夜』/『海の水はなぜからい』弁士:山崎バニラ

    ■会場
    江東区 古石場文化センター江東区古石場2-13-2  電話 03-5620-0224
    (東京メトロ東西線「門前仲町駅」2番出口より徒歩10分)

    ■料金
    一般2000円 学生1600円 前売、電話&E-mail予約1500円  子供(中学生以下)1000円 会員優待券1000円
    電話&E-mail予約は公演前日の午後6時まで受け付けます。
    (但し、規定枚数に達した場合はその時点で受付を終了致します。)

    ■予約・お問合せ
    無声映画鑑賞会事務局
    電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時~午後6時) FAX 03-3605-9982
    E-mail: katsuben@matsudafilm.com
    ※E-mail予約の場合は、「○月○日無声映画鑑賞会前売予約」、枚数、代表者のお名前を明記して、メールをお送り下さい。 E-mailにて御予約いただいた方には[予約確認]のメールをお送りしています。

    「活動写真バラエティⅡ」ということで、前回の「活動写真バラエティ」企画にも私は出演していました。なぜなら、私が「短編の漫画映画も時代劇も活弁させていただきたい」と立候補しているため、毎回一貫性を持たせている演目をバラエティとせざるをえなかったのだと思います。恐れ入ります…!頑張ります!

  • 兵庫県は姫路の夢前(ゆめさき)中学校50周年の式典にて、たっぷり1時間半、活弁を披露してまいりました。スポーツの強豪校でたくさんのトロフィーがありました。皆さん本当にお行儀がいいのだけれど、はつらつとしていて、よく笑ってもくださる素晴らしい生徒さん達でした。学校の体育館で弾き語り活弁をするのは初めてで、たいへん良い経験になりました。 READ MORE

  • 映画情報サイト『映画と。』に先日の東京国際映画祭の記事を掲載していただきました。
    【TIFF】山崎バニラの活弁大絵巻in TIFFチルドレン~TIFFに山崎バニラさん初登場!映画祭を盛り上げる。
    ライターの藤澤貞彦さん、この度も本当にありがとうございました!マスコミ席にお知り合いの記者さんがいらしてくださり、たいへん心強かったです。

    READ MORE

  • 昨日は「寝屋川文化芸術祭~山崎バニラの活弁大絵巻 in Neyagawa」たくさんのご来場まことにありがとうございました!!アルカスホール、たいへん素敵な劇場でした。

    READ MORE

  • いよいよ明後日は『寝屋川文化芸術祭~山崎バニラの活弁大絵巻 in Neyagawa』です。
    11月4日(日)14:00~アルカスホール (大阪府寝屋川市早子町12番21号)
    入場無料で、当日ご来場いただいても恐らくご入場いただけます。念のため、事前にお問い合わせくださいませ。(やっぱり「念のため」が口癖だ…!)

    主催/お問合せ:寝屋川市立地域交流センター アルカスホール
    TEL:072-821-1240

    READ MORE

  • 今週末は芸歴17年目にして初の(ようやくの?)大阪公演です。
    寝屋川文化芸術祭「山崎バニラの活弁大絵巻 in Neyagawa
    11月4日(日)14:00~アルカスホールにて
    入場無料!電話予約&大人のみでもOK!東京国際映画祭でご好評いただきました『ロイドの要心無用』も活弁いたします。(写真は東京国際映画祭のフォトセッションの様子)

    READ MORE

  • 第31回東京国際映画祭「山崎バニラの活弁大絵巻 in TIFF チルドレン」にご来場くださった皆様、まことにありがとうございました!!アジア最大規模の映画祭、最新作が目白押しの中、無声映画の弾き語り活弁を披露する機会をいただけたこと、たいへん光栄でした。ハロウィンのカボチャっぽい着物を着てみました。

    READ MORE

1 2 3 4 5 6 17
  • 最近の投稿

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • アーカイブ

    • 2019
    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー