2014年8月3日

  • __

    シネマヴェーラ渋谷で「映画史上の名作11」が開催中。連日、様々な古典名作が上映されています。何本か拝見した中から無声映画についてメモしておきます。

    『キートンの西部成金 Go West』(1925 アメリカ)。ご存知、ストーン・フェイスのバスター・キートン主演作品。こちら活弁版だったのですが、チラシにも映画のクレジットにも弁士がどなたなのか記載されておらず、受付で聞いてもわからない!男性の良い声なのですが、ちょいちょい自分の感想を入れたりダジャレを入れたりするので、いわゆる音声ガイドとは違います。しかし、登場人物によって声色を使い分ける様子はありません。ダジャレの一例としましては、牛の乳しぼりが「チチとして進まず」など(笑)

    READ MORE

  • 最近の投稿

  • 2014年8月
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー