2017年

  • 娘には絵本読み聞かせの代わりに(?)活弁を聞かせています。私が弾き語りを始めると、身を乗り出して聞いていたり、一人遊びをしたりして過ごしてくれます。私が先に疲れて休憩するほど集中して聞いてくれることもあり、良いお客さんです。

    READ MORE

  • お久しぶりです…!毎日があっという間に過ぎ、娘はスクスクという音が聞こえそうなほどに成長しています。我が家の階段は市販の落下防止柵が付けられず、夫が作りました。ネットはまだ試行錯誤中です。私の父と夫は性格が全く違いますが、日曜大工が得意なのは共通しています。

    READ MORE

  • 喜劇映画研究会さんのイベントに初めて登場します!是非ご来場くださいませ。
    喜劇映画のビタミンPART5~突貫レディ~ 2017年7月22日(土)14:30会場 15:00開演

    【場所】エスパス・ビブリオ
    東京都千代田区神田駿河台1丁目7−10 YK駿河台ビル B1F TEL:03-6821-5703
    最寄り駅は御茶ノ水。本屋さんとカフェとイベントスペースが組み合わさった素敵な空間です。イベントスペースは椅子がズラリと並び、集中して映画をご覧いただけます。

    【演目】『臨時雇の娘』The Extra Girl(1923年/2017年デジタル復元版、68分)
    「喜劇映画を発明した男」と呼ばれる名プロデューサー、マック・セネットと、映画界初のコメディエンヌ、メーベル・ノーマンドが組んだ長編作品。デジタル復元できたてホヤホヤです!

    ●山崎バニラ(活弁):今回は語りに徹してネタおろしを頑張ります。生演奏に合わせて活弁するのは実に16年ぶり…!

    ●坂本真理(演奏):元・幼稚園の園長先生だった真理さんのご専門はブラジル音楽&パーカッション!はたしてどんな演奏をしてくださるのか私もとっても楽しみです!

    ●新野敏也(解説):喜劇映画研究会代表で当ブログでもお馴染みのアラノさん。意外や意外、ステージでは初めてご一緒します。ご執筆された文藝別冊『ウディ・アレン』も好評発売中!

    【料金】2,000円(当日精算)

    【ご予約】
    ●メール受付:info@espacebiblio.superstudio.co.jp
    件名「7/22無声映画上映会希望」にてお名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
    ●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

    【主催】エスパス・ビブリオ、喜劇映画研究会

  • 白石大行列が終わって、いよいよヨシダ朝さんとのご対面。自己紹介後に
    「ヨシダさんは劇研(演劇研究会)のご出身なんですよね?私はミュー研(ミュージカル研究会)なんです」と早稲田大学演劇話で一気に仲良くなれました。そこですかさず踊りの交渉。 READ MORE

  • 前日は山崎バニラ賞選定後に春まつり実行委員会の打ち合わせにも参加しました。そこで「翌日お会いするヨシダ朝さんがノリの良さそうな方でしたら、『白石よござりす』を途中から一緒に踊っていただけないか打診してみる」という作戦に。

    READ MORE

  • 第59回全日本こけしコンクールのオープニングセレモニーで、新しい山田裕一市長に観光大使任期更新となる委嘱式もしていただきました。山田市長は元・白石青年会議所メンバーで私と同年代、宮城県内最年少市長です。2010年ホワイトキューブでの独演会からお世話になっており、東日本大震災後のイベントなどもともに頑張ってまいりましたから、山田市長から委嘱状を手渡していただいたときは感慨深い思いでした。

    READ MORE

  • 山崎バニラの活弁大絵巻 in Komaki

    2017年7月8日(土)13:30開場 14:00開演
    まなび創造館 あさひホール(ラピオ5階) 小牧市小牧3-555

    【演目】
    『帽子箱を持った少女』1927年 旧ソ連 ピアノ弾き語り
    旧ソ連の国策映画なのに何故かキュートなラブ・コメディ。社会背景もわかりやすく解説いたします。

    『雷電』1928年 日本 大正琴弾き語り
    日本映画の父と呼ばれるマキノ省三の遺作であり、長男で後に名監督となるマキノ雅弘出演作。抱腹絶倒の八百長相撲の結末やいかに!?

    『活動写真 いまむかし』2011年 オリジナル動画
    「映画を聞きに行こう」と言っていた日本独特の映画鑑賞文化を振り返ります。おもちゃ映画の「のらくろ」シリーズは必見。

    【料金】全席指定
    一般 2,000円(アートフレンド会員  1,500円)/小学生以下 1,000円(アートフレンド会員 800円)
    ※車いす席あり。3歳以下の入場はご遠慮ください。託児あり(定員5名)

    【チケット】5月9日より東部・味岡・北里の各市民センター、市民会館、まなび創造館窓口で販売
    【主催】小牧市・小牧市教育委員会
    【協力】新日本映画社/エスパース・サロウ、株式会社マツダ映画社、おもちゃ映画ミュージアム

    【お問合せ】小牧市まなび創造館 TEL:0568-71-9848

    チラシはすっかり夏ですね♪ 真冬の旧ソ連映画で気分は涼しく、心はポカポカ、活弁大絵巻をお届けします。チケットが窓口販売のみということですので、遠方の方はお問い合わせいただきつつ、当日券で是非ご来場くださいませ。小牧市にうかがうのは初めてです。小牧市の皆様どうぞよろしくお願いいたします!

  • お久しぶりです!夫の育休が終わり、生活ががらりと変わりました。今まで離乳食もお風呂も夫が担当、私の出張で夫は留守番も慣れたもんですが、私は娘と長時間過ごすのが初めてなので(!)、もう笑っちゃうほど時間がなくなりました。夜泣きをせず、離乳食はなんでも食べるので助かっております。

    READ MORE

  • 4月2日は両国・江戸東京博物館に『春のぐらもくらぶ~人気活動写真弁士 夢の競演と映画バラエティ・ショー』を観に行きました。13:45~19:30頃まで、ものすごく長いイベントです。私は日中に大事な用がございまして、第三部の途中から鑑賞しました。

    READ MORE

  • 昨日で『ワラッチャオ!』最終回の再放送も終わってしまいました。オナライダー役声優の山本匠馬君のブログにもオーディションのときの谷山君のピルエットのことが書かれていました(笑)やはりみんなにとって衝撃的だったんですね。

    READ MORE

  • 最近の投稿

  • 2017年1月
    « 12月   2月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー