2017年4月30日

  • 山崎バニラの活弁大絵巻 in Komaki

    2017年7月8日(土)13:30開場 14:00開演
    まなび創造館 あさひホール(ラピオ5階) 小牧市小牧3-555

    【演目】
    『帽子箱を持った少女』1927年 旧ソ連 ピアノ弾き語り
    旧ソ連の国策映画なのに何故かキュートなラブ・コメディ。社会背景もわかりやすく解説いたします。

    『雷電』1928年 日本 大正琴弾き語り
    日本映画の父と呼ばれるマキノ省三の遺作であり、長男で後に名監督となるマキノ雅弘出演作。抱腹絶倒の八百長相撲の結末やいかに!?

    『活動写真 いまむかし』2011年 オリジナル動画
    「映画を聞きに行こう」と言っていた日本独特の映画鑑賞文化を振り返ります。おもちゃ映画の「のらくろ」シリーズは必見。

    【料金】全席指定
    一般 2,000円(アートフレンド会員  1,500円)/小学生以下 1,000円(アートフレンド会員 800円)
    ※車いす席あり。3歳以下の入場はご遠慮ください。託児あり(定員5名)

    【チケット】5月9日より東部・味岡・北里の各市民センター、市民会館、まなび創造館窓口で販売
    【主催】小牧市・小牧市教育委員会
    【協力】新日本映画社/エスパース・サロウ、株式会社マツダ映画社、おもちゃ映画ミュージアム

    【お問合せ】小牧市まなび創造館 TEL:0568-71-9848

    チラシはすっかり夏ですね♪ 真冬の旧ソ連映画で気分は涼しく、心はポカポカ、活弁大絵巻をお届けします。チケットが窓口販売のみということですので、遠方の方はお問い合わせいただきつつ、当日券で是非ご来場くださいませ。小牧市にうかがうのは初めてです。小牧市の皆様どうぞよろしくお願いいたします!

  • 最近の投稿

  • 2017年4月
    « 3月   5月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー