2019年7月

  • なんとホームページのCONTACTページがメールフォーム不具合のため、こちらに届いていないことが判明いたしました。私と連絡が取れずにお困りのマスコミ関係者様がついに北海道は鷹栖のたかすメロディーホールにまでお問合せくださり、不具合が判明。たちの悪いことに、実験してみると送信元にはきちんと送信できたと誤解させてしまうメッセージが出ていたのです。いったいどれほどの方にご迷惑おかけしたかもはやわからない状況で、この投稿に気づいてくださるかもわかりませんが、たいへん失礼いたしました。

    昨日あれこれ調べ、問い合わせ、不具合を修正するにはホームページをリニューアルせねばならないことが判明。これまでBiNDとWordpressを連携させていましたが、パッケージ版の販売を停止したBiND製品は、こちらのサーバーの都合でアップグレードするわけにいかず、いよいよWordpressのみに移行か?!というバタバタを独演会3日前に…。

    そこで、当面の間は北海道公演や神楽坂映画祭でお世話になっている粋まち様にお問合せ窓口をしていただけることになりました。写真は先日のゆめりあホール独演会にご来場くださった粋まちの日置圭子社長と、落語家の古今亭菊之丞師匠です…!菊之丞師匠は大河ドラマ『いだてん』の落語指導&ご出演でも大活躍。活弁大絵巻ご来場後、なんと2席もご出演なさっていて、本当にすごいです…!

    というわけで(?)7月19日(金)19:00開演 「山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす」北海道鷹栖町たかすメロディーホール、当日券ございます。日置社長と一緒にお待ちしております☆

  • 昨日の産経新聞に国立映画アーカイブ 「こども映画館」 の記事を掲載していただきました→【クリップボード】「こども映画館」 お申込み受付中です!

    7月19日(金)19:00開演 「山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす」北海道鷹栖町たかすメロディーホールはいよいよ来週です。明治期北海道映画史の前川公美夫先生からいただいた情報によりますと、大正12年にアメリカで公開された『荒武者キートン』は北海道では大正14年から15年にかけて札幌、函館、小樽での上映が確認できているそうです。(旭川についてはまだ調べがついていらっしゃらないそうです。 )前川先生のお蔭で前回の千歳公演に引き続き、北海道公演ならではの貴重な情報をいただけてたいへんありがたいです。

    第一部でご覧いただく『豪傑児雷也』(1921年)とともに、『荒武者キートン』(1923年)も特撮の見どころが多いです。喜劇映画研究会代表・新野敏也さんに教えていただいた情報によりますと、途中ダムを決壊させるため爆発のシーンがありますが、こちらはミニチュアで、スローモーションで重厚感を出しています。ミニチュアにはとても見えない完成度です。活弁ならでは、途中ミニ解説を入れながらご覧いただきます。

    私が大好きな『荒武者キートン』のオリジナルタイトルは「Our Hospitality」「私たちのおもてなし」、私も良いステージでおもてなしできますよう頑張ります。写真は昨年の京都国際映画祭で『荒武者キートン』を初めて弾き語りした際の舞台裏。 ところで、楽士の坂本真理さんが作ってくださった荒武者キートン・ブローチのことを、2歳の娘はなぜか「ご先祖様」と呼びます(笑)セピア色だからでしょうか?君はいったい誰の生まれ変わりなんだい?!

  • またもやお久しぶりです!今度は娘の風邪がうつり声がガラガラでしたが治ってきました。各所にご迷惑おかけし、たいへん恐縮いたしております。本日から「こども映画館」の申込み受付開始されました。チラシの裏も充実しております。私の出演は7月26日(金)と8月3日(土)ともに13:30開演。いくつかの演目に関しまして、活弁制作の舞台裏をご紹介。↓

    『心の力』は先日、ゆめりあホールで活弁したばかりですが、そのときは上映時間12分でした。ところが今回は貴重なフィルム上映で回転速度が遅くなり、同じ内容でありながら上映時間18分。動きがかなりゆーっくりに感じます。単音の大正琴ではスカスカ感が否めない。そこで、ピアノ弾き語りにすることにしました。ピアノで弾いてみると、幻想的な千代紙アニメとマッチしてこれがまたいい感じ!同じ曲でも楽器の構造上、大正琴は左手でメロディーを奏でましたが、ピアノでは右手になり、さらにしゃべる…我ながら器用だ^^

    長年挑戦したいと思っていた 『突貫小僧』活弁がひょんな形で叶いました!現代劇なので、今回は他の演目との兼ね合いも考慮し、ピアノ弾き語りに。思い入れの強い作品なのでメロディーがスイスイ浮かび、ほぼ全編作曲です。そして、弾き語りならではのギャグを思いついたのですが、これは小津安二郎監督が当初から狙っていた可能性も否定できない演奏です。どうなんでしょう?!見てのお楽しみ!

    『石川五右ヱ門の法事』はナンセンス喜劇の王様・斎藤寅次郎監督作品です。フィルムが失われていた時代の監督の記憶を頼りに書かれた自伝に登場する本作の解説を読むと…あらすじが全く違う(笑!?)がしかし、大きなヒントをいただきナンセンスの深みが増しました。ただし本日、最初から書き直すことを決断(泣)でも楽譜も台詞もデジタル化しておいたので良かったです…。ナンセンス映画とナンセンス活弁のぶつかり合いだ~!

    今のうち風邪をひいておけば、娘も私も絶好調で公演を迎えられるはず。7月19日(金)19:00開演 「山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす」北海道鷹栖町たかすメロディーホールもどうぞよろしくお願いいたします♪10月20日「山崎バニラの活弁大絵巻2019~陽気な仇討ち」( こくみん共済 coop ホール(全労済ホール)/スペース・ゼロ )の詳細も更新されました!

  • お久しぶりです!風邪をひいていた娘がようやく元気になりました。

    7月19日(金)19:00開演 「山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす」北海道鷹栖町たかすメロディーホール、チケット発売中です。こちらでは『豪傑児雷也』を初めて大正琴弾き語りします。時代劇よりさらに前の旧劇なので、歌舞伎音楽をあれこれ聞き、 大正琴で歌舞伎風の曲や歌にしてみることにしました。え?それが歌舞伎風かよ!というツッコミも受け付けます(笑)

    今年の夏は国立映画アーカイブ「こども映画館」で『突貫小僧』と『石川五右ヱ門の法事』もいきなり弾き語りでネタおろしです。娘が風邪をひくなどの非常事態も発生し、通常の作業ペースではとても間に合いません。

    そこで、楽譜だけでなく台詞もデジタル化することにしました。これまでも楽譜は楽譜ソフトで作成していましたが、そこに手書きで台詞を書き込んでいました。1時間の長編ともなると50ページ以上になり、手書きの分量も相当あります。さらに楽譜を貼りかえる度に台詞も書き直す必要がありました。

    ソフトで歌詞を書き込む機能は知っていたのですが、台詞を書くには適しません。夫の発案で曲のタイトルを書く機能を応用してみたら、台詞もデジタル化できることに気づきました。こうすることで、台詞をとりあえず書き込み、映像を見ながら台詞の位置をドラッグすることができるようになりました。また楽譜を修正する際、台詞は残したまま印刷もでき、作業効率が1.5倍くらい上がったと思います…!これまでの人生、夫はたまにスーパー・アドバイスをくれました。(保育園を休んでいる娘の相手も感心するほどよく頑張っていました…。)作業の遅れを取り戻すべく引き続き頑張ります☆

  • 最近の投稿

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

    • 2019
    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー