品川プリンス活弁報告

IMG_0430-2

『ワラッチャオ!』in さっぽろ雪まつり、寒い中、たくさんのご来場まことにありがとうございました!こちらは放送後にまたご報告します。

その札幌行きの前日、品川プリンスホテルで活弁をしてきました。『山崎バニラの活弁絵巻~痛快・無声時代劇~』と題しまして、十八番の『国士無双』、そして3月15日、山崎バニラの活弁大絵巻2015~窮地のときこそ笑(^^) ~でも披露する『弥次喜多 岡崎猫退治』。

お気づきでしょうか、上演時間が長いときは「活弁大絵巻」、短いときは「活弁絵巻」となんとなくしています。

素敵なパーティー会場の後ろ扉から入場、拍手で迎えていただき、一人で結婚式をしているようでした。帰りも後方扉まで会場内を歩いたのですが、拍手の音が入場時よりずっと大きく、皆さん満面の笑顔だったのが、とても嬉しかったです。

この日は企業様の会で、そのような会にも呼んでいただけるようになり、プロっぽくなったなぁ…と思っていたら、アニメ入門サイトanibuさんの「現代まで続く日本神話の堪能!『神様はじめました』」の記事で、わざわざ「プロの活動弁士」とご紹介くださりました。恐縮です、ありがとうございます。


2015年2月9日

コメント

かんぱち2015年2月10日

思わず手を振りたくなるような(^o^)/良いお写真ですね~。「大絵巻」、「中絵巻」、「小絵巻!?」、長さはどうあれバニラ活弁で過ごす時間は “満面の笑顔” で終わること間違いなし!☆ 3/15、いざ行かん!!楽しみ♪

ゆきのねこ2015年2月10日

活弁恵方巻♪ まきまき? あ~れぇ~、生のカツだけはご容赦下さい。

しとろん2015年2月10日

「それでは、僕らのためだけに活弁をお願いいたします。場所はプリンスの『飛天の間』をご用意しました。」 そんなセリフ、一生一度でいいから言ってみたいけど!

トキメィキボー2015年2月10日

…郷里で迎えた元旦の読売新聞で、ジバニャンの等身大の広告を見つけカルチャーショックを受けてから、なんとなくMyルームに飾っております♪2015年もともだちだいじ!!…だそうです、なんの異議もございません。m(__)m 昨夜の「神様…」も楽しませていただきました♪深夜の川越マジック、惹かれますね☆…しもつけは足利の八雲神社は不審火で焼失してしまいましたからね…(-.-)…小江戸川越こんど遊びに行ってみよう♪子供の頃、水郷潮来(いたこ)のアヤメさ行って心ときめいたものです☆活弁では、満場の拍手をいただいておめでとう☆その昔、実録忠臣蔵(でしたっけ?)での模様が連想されましたので、時を超えて嬉しさもひとしおですね(≧▽≦)

TAKAじい2015年2月11日

ラッスンゴレライ<大絵巻と絵巻の違いを説明してね・・・>ってなんですのん? バニラさんは素敵なプリンスとお幸せにぃ〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー