「髪結新三」「三人形」

IMG_0561

講談、落語に続き…国立劇場に歌舞伎「梅雨小袖昔八丈~髪結新三~」「三人形」を観に行きました。国立劇場は今年二度目の鑑賞なので、開演前にイヤホンガイドを借りたり、お昼の予約をしたり、もう手慣れたものです。この季節は桜もきれいで、ちょうちんがますます映えました。

『髪結新三』は山中貞雄監督が『人情紙風船』(1937)と題して映画化した作品でもあります。とても有名な映画ですが、トーキーなので、無声映画の弁士としましては、そこまで網羅できておりませんでした。そこで今回、歌舞伎を観に行くにあたり、映画も予習することに。そしてこの映画が素晴らしかった!山中監督、28歳で戦病死。本作が遺作。あまりに悲しい。

映画音楽がほとんどなく無音になるシーンも多いため、空耳で弁士の声が聞こえてくることが何度かありました。これは私の職業病(?)のせいだけでなく、映画の作り方にまだ無声映画時代の手法が残っていたからではないかと思います。

予習も終えて迎えた本日。なんと花道からすぐ近くの席。役の大きさに関わらず、役者さんが通る度に手が勝手に拍手していました。映画より歌舞伎の髪結(出張専門の床屋さん)の新三はワルで、わかりやすい迫力がありました。長屋の庶民の生活もたくさん描かれているため、笑える箇所も多々あり、初めて歌舞伎をご覧になるにはとても良い演目のように思います。なるほど、鰹はそうやって売るのか!とか♪

続いて『三人形』。人形のように登場した役者さんのあでやかな歌舞伎舞踊。衣装もセットもきらびやか。演奏の方や黒子的な役割の方も舞台に登場し、文楽の人形が人間になったようなメルヘン歌舞伎。春にぴったり、3月27日まで上演中でございます。

歌舞伎を観終えた今、映画『人情紙風船』のことをまたしみじみ思い出している…。


2015年3月25日

コメント

TAKAじい2015年3月26日

明日はハリルジャパンの初陣、晴れるといいね! こんにちは晴れるホジッチ監督です。。。歌舞伎、いいですよね。かぶく かぶくとき かぶけ 30年ほど前、歌舞伎座で当時の中村勘九郎さんの舞台を観ました。※お写真のクツが超かわいい。 

トキメィキボー2015年3月26日

洋装de歌舞伎★七色スキップ、ランララン♪…でも、そのお帽子姿のVanillaさんのお姿は、2005年・初夏の頃のgirl friendを連想させてくれまして…黙読前にノーサイドです(p_-)メソウサ …前回の観劇での岡崎猫退治は過日の舞台でたいへん愉しく観賞させて戴きました。バニラさんといえばネコ、あえか嬢といえばコバトン…の昨今ですからね(´з`) 歌舞伎者っ 落語も歌舞伎も口三味線でも、ご活動の素材として向上と発展に繋がってゆくと良いですね!…陰ながら、応援しております。 歌舞伎者っ 今回も、おいしいお食事はたべられましたか♪私もぜひ、国立劇場まで観劇しに行きたいところですが、なにぶん、敷居の高いお屋敷は少々精神的に難儀なものですから… 先ずは、ちょうちんの数を把握する場所から、攻めてゆければ…と考えております。 (※歌舞伎者っ←かけ声でした…自戒の意も込込めて)ぇ

しとろん2015年3月28日

子供の頃にはコロボックルは本当に居ると思っていて、よく裏山へ探しにいったものです。コロボックルや~い!おや?見つけた? 虹とスニーカーの頃

トキメィキボー2015年3月28日

件の姉に、理由を聞く勇気は今でも湧きません…リンク先のお写真を見比べてみると、鬼ごっこ&カクレンボをしているかのようにも見えますね(^^♪ 最後に遊んだのは22歳の秋の頃…ヒマを持て余して、地元の子たちと街んなかを…ひゃ~(≧▽≦)…ときおり、懲りずにお顔だしてね…きっとみんなも安心すると思うから(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー