活弁ライブ反省会

P1020129

3月の独演会から早一ヶ月。ようやく事後処理が終わりつつあります。皆様からいただいたアンケートを整理しました。終演直後よりずっと落ち着いて精査することができます。

今回もいろいろと反省…というより、間違いが発覚しました。毎度申し訳ありません!中でも代表的なものを白状します。

『ボリシェヴィキの国におけるウエスト氏の異常な冒険』で、ロシアの詐欺集団が紅茶をわざわざ受け皿に注いで飲むシーン。あれは詐欺集団の偽作法ではなく、18世紀のイギリスやフランスで行われていた作法だそうです。

ご参考:知ってた?コーヒーや紅茶の受け皿の本来の使い方が意外だった!

紅茶を冷まして飲むためで、現在の受け皿はその名残なのだとか。でも詐欺集団はウエスト氏が真似するのを小バカにした表情をしていたので、本作が公開された20世紀初頭から見れば、古すぎる作法をもっともらしく行って、アメリカ人に真似をさせたのが面白い…ととらえるべきだったのかもしれません。18世紀の西側諸国の作法を、20世紀の旧ソ連の詐欺集団がアメリカ人特派員に逆輸入…という21世紀の東洋人にはややこしすぎるギャグでしたね!

続いて、『弥次喜多 岡崎猫退治』。私の「オカザキ」の発音が間違えていたようです。現地の方のみ自分たちの地名の発音が違うそうで、一般的には「カ」にアクセントがつきますが、現地やその周辺では平板に読むそうです。

ご参考:Wikipedia「岡崎市」概要

なんとドラマでも途中から発音が改められたというのですから、興味深いアクセントですね。私の場合は、前説では「カ」にアクセントにして、本編は現地の役なので平板で読めば、他の地域のお客様にもわかりやすいのではないかと思います。登場人物を完璧な当時のお国ことばで演じるのは無理ですが、このくらいは配慮した方がよいですね。

3000円ほどしますが、声優はスマホにアクセント辞典をインストールしている人が多く、私もタブレットに入れて重宝しているのですが、「オカザキ」は検索してもありませんでした。公演ごとに活弁改良、皆様、ご来場、ご指摘ありがとうございました。


2015年4月16日

コメント

TAKAじい2015年4月16日

「アンケート」何書いたか忘れちゃいました。強いて言えばananとViViなら「anan系統」ですね。(意味不明〜)「オカザキ」の発音は しとろんさんも指摘してましたね。私的に感心してますよん。

しとろん2015年4月16日

地元なものですいません・・・ 「名前 それは 燃える 命」by ゴダイゴ 「菊名」で「キラキラネーム」について考えていました。

トキメィキボー2015年4月19日

…たしかに、仰るとおり、ん?って感じる場面もありますね…そんなおミスも含めて、Vanillaさんのオ~ソレ~ミリョク~ヽ(^o^)丿…かと、受け流す私はおおらか過ぎるでしょうか? tea受け皿の由来は存じておりますた。母が珈琲好きで幼い頃より喫茶店での心地良い雰囲気が好きでした♪…ところで私は、職務で幅広い層のお客様方からありとあらゆる質問を的確に応えるとゆう現場で、その時の状況下では相手の立場や認識具合によって、現実的にご理解頂くことが困難だったりする場合、あえて正論から外れた(整合割合を均一化させる)手法を使う場面もございました。当時、学友からマイウェイな私のテンションをいぶかり"なんて愚か者だ…"と文句を言われたことを省みて、日めくりの尊徳仕法を復唱しているのですが、この日の言葉はくしくも"正しさも固執すると正しさに倒れる"…完全に説明しようとしてもイメージができなければ相手をいら立たせてしまう。それよりも、端的にかつ的確に…100%でも0%でもままならない、真ん中の値で寄り添う心配りを…モットーにしたところ、以後、とてもスムーズに事が運び精神的にゆとりをもてた…とゆう経緯がございます(´з`) 私は、Vanillaさんの公演を愉快な娯楽の場として参加しております。Vanillaさんのもつ魅力の宝箱は…オープンの可能性をまだまだ秘めておりますよ☆お気づきでしょうか…?いつかそれらが、どんな輝きを放ち、魅せてもらえるのか…そんな未来が訪れることを期待しております(^_-)-☆ 最後に、反省点。お祝袋いっぱいの美味しいチョコレートをお渡しするはずが事情により間に合いませんでした…至らなさが悔しいので、どこかであらためて。長々と失礼いたしました…(拝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー