『雷電』活弁全編公開

“RAIDEN”1928 – KATSUBEN Performance by YAMAZAKI Vanilla

『山崎バニラの活弁大絵巻 in ゆめりあ』
2017年12月10日 大泉学園ゆめりあホール 
主催:公益財団法人 練馬区文化振興協会

第1部『雷電』1928年 牧野省三監督(株式会社マツダ映画社所蔵)
活弁台本・音楽・映画説明・演奏:山崎バニラ  
記録映像撮影・編集:喜劇映画研究会

ついに『雷電』大正琴弾き語り活弁も独演会記録映像が全編公開できました!満席のお客様の笑い声とともにお楽しみくださいませ。これにて一公演まるまる公開されたことになります。

公演自粛が続く中、できることはないかと模索しているうちに、結果として、史上初にして最後かもしれない弾き語り活弁をどなたでも簡単にアクセスしていただきやすい方法で記録として残せたことで、なんだかとても安心しました。

この度も喜劇映画研究会様、練馬区文化振興協会様、関係各所様、そしてヘアメイク&着付けのi:z 渡辺雅江様、そしてそして株式会社マツダ映画社様!心より感謝申し上げます。

5月27日に出演予定でした第742回無声映画鑑賞会の延期も発表されました。詳細はマツダ映画社のホームページをご確認くださいませ。事態が収束しましたら、皆様、是非とも生の活弁を見にいらしてください。

『雷電』活弁全編公開” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    雷電の事を言うと鬼が笑うと申しますが、バニラさんの雷電カツベンはサイコーであります。。。自分の笑い声も聞こえているかも?バニラさんの生の活弁を早く見に行きたいです。

TAKAじい へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。