国勢調査2通の怪

IMG_0885

この度の大雨被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。先週は長時間の収録が続いたため、被害の深刻さを後で知ることが多く、とても驚いております。少しでも早い復興をお祈りいたします。

実家に行ったら、妹や私が置いて行ったものなのでしょうか、3cmほどのお地蔵さま用に父が手作りの社を作ってくれていました。実家の防災は徹底していて、この社や手前の時計なども全て固定されていると思います。

先日、地震の備えについて書いたばかりですが、これからはもっと浸水などの被害についても考えないといけませんね。日本の気候が変わり、生態系にも影響を及ぼしている昨今、大雨がこれほどの被害をもたらすとは…。

私の近況と言えば、国勢調査のインターネット回答をしてみました。私は確定申告もインターネットなので、それに比べるとずっと簡単で、手書きより楽でいいですね。

数年ぶりに宅配ピザを注文したら、これもネット経由となっていました。セキュリティーが心配で全て現金でのやりとりにしていますが、インターネットって今さらながら本当に便利ですよね。

しかし、災害直後は被災地の方にむやみにお見舞いや安否確認の連絡はしない方がいいそうです。メッセージを受信するためにスマートフォンなどの貴重なバッテリーを消費してしまい、本当に連絡をとりたい相手につながらなくなってしまうからです。私も反省しています。心配な気持ちをぐっとこらえて、一つ一つの教訓を大切にしていかなくてはなりませんね。

追記:国勢調査のインターネット回答案内が我が家には2通投函されていました。結婚後初めての国勢調査で共働きだから2通なのかと勘違い。宛名がないため、どちらがどちらのIDかわからないので全く同じ回答を送信。

しかし冷静に考えると一世帯につき一通ではないかと問い合わせると、なんと、間違えて重複投函されていただけでした。では、いったいどこのお宅の分も答えてしまったのかと心配になりましたが、このID自体には個人情報は含まれていないので、片方のデータを削除していただいただけでした。

ですから、封もせず無造作に投函されているのを心配する声が聞こえますが、そもそも配られたIDからは個人情報は読み取れず、悪用されることは想定しにくいようです。

さらに追記:確かに!四方山さんのご指摘すごく大切です。皆さんも国勢調査を装った詐欺にお気をつけください!

2015年9月14日

コメント

TAKAじい2015年9月14日

ボクたちの担任のセンセイのうちは学校から10mという近さです。10m=1000cm=センセんち。。。 このたびの水害で大きな被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。自分が住んでいる地域も川や海のそばでゼロm地帯なので避難警報が出ました。まだまだ台風が発生しそうですからバニラさんも皆さんも十分お気をつけ下さいね。

四方山2015年9月14日

セキュリティについて意識があることはいいことですね。多くの方にバニラさんのように意識を持ってもらいたいものです。 > ですから、封もせず無造作に投函されているのを心配する声が聞こえますが、そもそも配られたIDからは個人情報は読み取れず、悪用されることは想定しにくいようです。 この件、手渡しではなく投函されていることに問題があるかですが、危険度の異なる複数の懸念に対して、大きな問題はないですが、小さな問題があります。 > そもそも配られたIDからは個人情報は読み取れず これは正しいと考えてよさそうです。未回答のIDからは直接、個人情報を読み取ったり「なりすまし回答」による被害といったものは生じません。これが大きな問題に対する懸念です。 しかし、手渡しでない場合、ポストに投函されている「回答の案内」が信頼できるものかどうか確認できないという問題があります。これがここで言う小さな問題です。 もし、本物の回答案内と一緒に、悪い人が「URLの訂正のお知らせ」などという嘘の訂正情報をポストに入れたらどうなるでしょうか。その訂正情報を信じて、本当のサイトとは異なるURLにアクセスしてしまうことでフィッシング詐欺に遭う可能性が生じてしまいます。 こうした副次的な問題を防ぐためにも、国勢調査の調査員は手渡しで案内を渡すことが定められています。「インターネット回答の利用案内」の封筒の裏面に「国勢調査をよそおった『かたり調査』に注意」という注意書きがあり、その3点目に調査員は、「その身分を証明する『国勢調査員証』を携帯しています」とあります。 一般家庭に調査員を名乗る訪問者が来た場合には、本来、その身分証を確認する必要があります。 これは他にも新聞などの集金人や、近くで事件があったから話を聞かせて欲しいなどと警察を名乗るような訪問の場合も同様です。必ず訪問者の身分は確認しましょう。万一、身分証の提示を拒否するような場合には、通報しますと伝えた上で、その場で身分を明かさない不審な人が訪問しに来ていると通報しましょう。もしものときに、被害に遭ってからでは遅いですよ!(バニラさんに言っているわけではありません。念のため) ポスト投函の場合には、この身分証を確認するという行為ができなくなってしまい、投函されている案内が本物かどうか保証できなくなってしまいます。(悪い人が、悪いことをしやすくなってしまいます。) 『ですから、「そもそも配られたIDからは個人情報は読み取れず、悪用されることは想定しにくい」のだから「封もせず無造作に投函されているのを心配」する必要はありませんよ』などと言ってしまうのは少々危険です。小さな問題について心配する必要があります。 危険がないか意識することは大事ですが、不完全な確認はときに大きな問題を引き起こします。「生兵法は大怪我のもと」ということですね。

しとろん2015年9月14日

こないだ初めてネットの悪徳業者というやつに遭ってしまいました。ギターのケースを買おうとして、適当に見つけた通販サイトにクレカ番号を打ち込んで(普段こんな事は絶対にしないのですが、すごく急いでいた)発送連絡が来ないのでURLを検索したら悪徳業者の疑い有り、すぐにカード会社に連絡してカード無効化したがすでに引き落とし有り、カード会社によると不正請求が証明出来た時点で返金するとの事。ネット用に作ったキャッシング無しカードだったから良かったものの、メインのカードだったらと思うとゾッとしましたよ。でも、災害の事を考えてもカードは必要だと思うのです。

(本物の)昭和生まれ2015年9月15日

国会で、安保法案の審議がヤマ場を迎えておりますが…。ただ、以前からあっしも指摘している通り、安保法案は間違いなく「違憲」だ。しかも世論調査では、8割の人達が「安倍内閣は国民に十分説明していると思わない」と答えている。確かに、安倍晋三をはじめとする中谷元・防衛大臣や横畠裕介・内閣法制局長官の答弁は"ノラリクラリ"とはぐらかしているばかりで摑み所がない。それでいて安倍晋三は「審議の時間は十分に尽くした。決める時には決める」と胸を張るのだから、国民は腹が立ってしまう。先週11日の参院で、民主党・福山哲郎氏が横畠裕介に向かって「本当に魂を売りすぎ。あなた方は安倍政権に雇われているわけではありません。国民全体に雇われているんです」と言ったのだが、その時の横畠裕介の「知ったか振り丸出し」の顔をあっしは一生忘れない(←横畠裕介"も"極悪人だ!)。昨日(14日)、中谷元は「PKO活動につきましては"安保法案が成立したら"十分内部で検討・検証して出す」と、詭弁を述べた。バカかぁ!?与党内では、既に安保法案は可決された気分ではないだろうか?安倍晋三も答弁に行き詰ったら、必ず「国民の命と幸せな暮らしを守るため」と"決まり文句"を繰り返すだけで、総理としてはまるで能がない。まさに、安倍晋三と中谷元は「"珍"答弁の"迷"コンビ」だ。これで審議は十分と言えるだろうか?こんなアホ連中に安保法案を任せておいたら、自衛隊から死人が出るぞ!それでいいのか!!!最後に、あっしの購読している新聞に載っていた"投稿川柳"を紹介します。『丁寧に説明しても黒は黒』追記:安倍晋三は"アメリカ"に魂を売った男だ!さらに追記:デレビで観た"横畠裕介"のメガネは曲がっていた(←皮肉)

(本物の)昭和生まれ2015年9月15日

[大事なことを書き忘れていました]国会では「安保法案」の議論が優先されていたけれども、大雨被害や洪水にあった人達の支援や援助の論議はなかったのかい?国会内の人間は、大雨被害者の支援・援助より「安保法案」の今週中採決の方が大切なのか!!!

(本物の)昭和生まれ2015年9月16日

昨日、あっし宅のポストにも「国勢調査・インターネット回答の利用案内」が投函されていました(封すらしていなかったですぞ!)。あっしはまだネットに対しては、個人情報流出等で疑心暗鬼ですので、極力アナログでやっています(←先日の年金個人情報流出の件もありましたし)。でも、こういうデジタル・データのセキュリティーが高くなって、全部ネットで対応できたら生活が楽になるのは事実だったりして…(オチなし、すみません)。

トキメィキボー2015年9月17日

 このたびの豪雨被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます(拝)名前とは裏腹、過去の事例から小貝川にばかり気を囚われておった方も居るはず…このたびのケースは異例の教訓を与えているなと身に沁みております…水害の影響は水が引いてからが本当のはじまり…できるかぎりの支援に努めます。…さて、国税調査の件ですが、開始初日に担当者が訪問されて受け取り、即日ネット回答してみました~労いの言葉をかけたところ、そのお方曰く各世帯ごと確認・記録しながら受け渡しするのがお役目なので…と申されてましたので、Vanillaさんの事象を読みクエッションに感じた次第です。…情報化社会が過ぎれば過ぎるほど、つくづく脆弱な盲点ばかり目に余るものを受けますなぁ…東京に住んで居ると、つくづくシステマチックの限界に苛まれる場面が多々ありまする…(-_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー