都立美原高校芸術鑑賞会

IMG_3159-2

本日は大井町のきゅりあんにて、都立美原高校の芸術鑑賞会で旧ソ連の国策無声映画『帽子箱を持った少女』(1927)を活弁してきました。

とても興味深かったのは、最後、主人公のナターシャがイリヤ青年に愛の告白をするシーン。私は無声映画の登場人物がなんて言っているかを自分の頭の中でも考えていただく瞬間をあえて作ってから台詞をいうことがあり、この告白のシーンはそうしています。具体的には字幕のみを一瞬見せるのです。

なんとその間で前列の席の女の子が自分で考えた台詞を私より先につぶやき、ナターシャとイリヤを彼女も一人で二役やっていたのでした(笑)ほほえましい思いをこらえながら、ナターシャがふられる悲しいシーンを彼女に続いて私も一人二役演じました。

最後に生徒代表の男の子がご挨拶してくださったのですが、彼は事前に活弁なしで『帽子箱を持った少女』を見て予習してくれたそうで、感心しきりでございました。無声映画って、同じ作品でも活弁ありとなしで見るのではだいぶ印象が違います。それを高校生の時点で発見したなんて、素晴らしい!!

昨年の横浜みなと映画祭すずしか帽子店さんにいただいた帽子の黒バージョンをかぶりました。こちらもすごく気に入っています♪ またちょくちょくかぶれるよう、『帽子箱を持った少女』を何回も活弁したいです。

2014年2月25日

コメント

トキメィキボー2014年2月25日

 Vanillaさん、公演おつかれさまでした♪ 新たな演出方法も編み出されたそうでGoodです☆(あ、お帽子も☆) そうですね、高校の多感な時代に無声映画の魅力がわかるなんて羨ましいなぁと思います…当時の私は暇さえあれば自動二輪でgo★go★ばかりですたので…(-.-)

しとろん2014年2月26日

相変わらず左右対称、ですなぁ そう言えば、『帽子箱〜』も左右対称

ジョー2014年2月26日

素敵なお写真。 バニラアイスドール!

ゆきのねこ2014年2月27日

帽子がとっても お似合いですね。 今日の黒バニラも いい感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー