玩具漫画映画にDTM

朝日マリオンコムにて「7/18『山崎バニラの活弁大絵巻』ペア10組ご招待」受付中です。7月6日16:00ご応募締切です。当選した方は空席にならぬようきっとご来場くださいませ。外れてしまった方はチケット発売中ですので、是非とも自力でご来場くださいませ^ ^

活弁大絵巻でも上映する『怒涛のおもちゃ映画特集』予告動画にして、おもちゃ映画ミュージアム会員・サポーター特典DVDのサンプル映像2作品目は『お伽のお爺さん』です。

こちら、フィルム中にも『お伽のお爺さん』というタイトルが出てきますが、実際は昭和6年封切りの11分間の『タヌ吉のお話』をつなぎ合わせ、タイトル画面を後からくっつけて、おもちゃ映画として販売されたものだと思います。相変わらず探偵のような調査です。

この推察が正しければ、切り紙アニメの名手と呼ばれた村田安司さんの作品です。これが切り紙アニメと思うと、気が遠くなるような、流れるような動きをしています。これぞ職人魂!

さて、先日はおもちゃ映画特集・第2弾は第1弾に比べミニ解説を充実させたことをお話しましたが、他にも音楽を改良しました。第1弾は生演奏でお届けしましたが、玩具映画は弾き語るには目まぐるしいのです。

そこで全編DTM、つまり自作パソコンで音楽を作りました!私のDTM歴は藤本健さんのDTMステーションをご覧くださいませ。独演会では生演奏ももちろん披露いたします。『弱虫天国』は大正琴弾き語り、『ロイドの要心無用』は1時間以上のピアノ弾き語りです♪

2016年6月23日

コメント

しとろん2016年6月24日

まず素朴な疑問として、身重のお腹でいらっしゃるバニラさんには ①お琴に手が届くのか? ②ピアノの鍵盤に手が届くのか? ③そもそもお着物が着れるのか? ④まさか産気づいた時には! ハイッ、ハイッ、ハイ!ハイ!ハイッ!(訓練です)

TAKAじい2016年6月24日

Oh〜DTM♪(D)だって(T)とっても(M)めんこいんだもん。。。ライターの火が勝手につきました。おばけか?まさかゴーストライター!?バニラさんには影武者がいないとすると、まさにバニラさんはステキな作曲家でもありんすなぁ。。。

(本物の)昭和生まれ2016年6月27日

あっしが初めて聞いた「証城寺の狸囃子」は、蓄音機用の78回転レコードだった。因みに「少女Gの狸囃子」というアンサーソングがある(←大ウソです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー