床拭きロボット

IMG_0319

ずーっと欲しいと思っていた床拭きロボットをついに購入しました(写真左)。8月末に新機種が出たばかりなのですが、こちらバージョンアップというよりは従来型と2台持ちでもいいよう方向性が違うようで、迷いに迷って従来型にしました。

新型と従来型の違いは、おなじみ週刊アスキーでお世話になった、神野さんの記事もご参考になさってください。

本当は従来型と新型を店頭でじっくり見比べたかったのですが、もはや家電量販店までたどり着くことが難しいほどお腹が大きくなり、ネットで情報を集めました。家電をネット注文したのは初めてでしたが、延長保証もつけることができるのですね。

新型はお水をピューっとふきだしながらゴシゴシ水拭きしてくれるそうです。壁にかからないよう数歩さがって(笑)水を飛ばすそうなのですが、我が家は2台の自作PCを床置きにしているので、万が一のことを考えやめました。

こうしてやってきた従来型の床拭きロボット。従来型は市販の使い捨てシートを装着できるのが素晴らしいところ。説明書には市販のドライシートはOKだけど、ウエットシートはつけないよう注意書きされているのですが、2年前に発売されただけあって、ネット上には有志のレビューも満載。市販のウエットシートを、給水口がついていない通常のパッドに装着し、ウエットモードで起動すれば何の問題もありませんでした。(←ご参考にされる場合は自己責任でお願いいたします^^;)

床拭きロボットを誘導する赤外線の小さいボックスも付属されているのですが、我が家の場合はそれを使わなくても特に支障はありません。ロボット掃除機(写真右)は浅い玄関に侵入していましたが、床拭きロボットは認識するので、囲いなども作らず床に置いてスイッチを押すだけ。吸い込む掃除機と違いコードを巻き込むこともないので、体調がたいへんなときもとりあえず掃除できるのが心強いです。そして静か!

吸い込み音とともにしゃべりまくるロボット掃除機と、スイスイ動いてかわいい電子音のみ発する床拭きロボットが並ぶと、まるで映画『ウォーリー』に登場するロボット同士の出会いのシーンのようです。色合いも似ている!

そうそう、今年初めにおしゃべりするロボット掃除機が我が家にやってきたとき、
「やたらと3人家族になった気がする…おかしいな…」と私は夫に何度か訴えていたのですが、その数日後に妊娠がわかりました。産まれた時から、ロボットたちが床を動き回っている日常って、どんな風に見えるのでしょう?!


2016年9月7日

コメント

TAKAじい2016年9月7日

・・・!管理人さん!・・・!五代さん! あれ?声が遅れて聞こえるよ。こんばんは、めぞんいっこく堂です。。。世の中は鉄腕アトムの世界にどんどん近づいてきてるンですなぁ。ロボットに「ドント・ウォーリー」なんてなぐさめられちゃう日が来るかもね。

しとろん2016年9月11日

学生時代はずっと塾の先生をしていた私。その時塾で使っていた業務用掃除機が今でも実家にあるので久しぶりに綺麗に分解清掃していたら、久しぶりに当時の生徒から連絡があり、久しぶりに同窓会する事になりました! 機械機械と侮るなかれ、機械には時として心が宿るというのは、機械好きの間では常識。

(本物の)昭和生まれ2016年9月11日

皆さん想像してみて下さい、真夜中に床拭きロボットが、段差の激しい階段を丁寧に掃除しているシーンを…。ギャーーー! 「夜の怪談」じゃなくて「夜の階段」でした(←ンなアホな!)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー