義父カレー

img_0328

我が家は夫も手際よく料理をしますが、昨晩はなんと、義父が手作りカレーを届けてくださりました。一夜明けて、本日ますます美味しかったです。

安定期に入った頃は、義母と母と、子供入店不可のレストランで女子会(?)もしました。普段そのような規則のお店にわざわざ行かないのに子供が産まれるとなると今のうちに…!という気分になってしまうんでしょうね(笑)

出産前の巣ごもり本能の一環で、写真のアルバム整理もしたのですが、義母も母も今が一番きれいなことに気づき、とっても勇気をもらいました。

さて、1歳、2歳、3歳のお子さんがいらっしゃる各ご家庭からそれぞれたくさんのおさがりをいただいたので、月齢ごとに卒業するものが違い、ありとあらゆるベビー用品がそろいました。未開封の詰め替え用消耗品などもたくさんいただいたので、数あるメーカーの中からも迷わずに済み、同じ商品の本体を準備しました。

3歳のお子さんのお母さんというのは、私の妹のことです。子育ての先輩である妹に電話すると「もしもし?」ではなく「どうした?」と聞かれるようになりました。これまでは電話口で私がパソコン操作を教えるばかりだったのに、今は二人の子供を育てる妹のことを尊敬!頼りにしています。

様々な方に助けていただきながら、来年1月の復帰公演のDTM(音楽)作業が終わりました。育児中と言えども、芸が守りに入るとお客様には伝わるもの…!と思い、『こども弁士による怒涛のおもちゃ映画特集』を全編ネタおろし作品にすることにしたのです。ここまで済ませることができて、ずいぶんホッとしました。

2016年9月18日

コメント

TAKAじい2016年9月19日

岐阜県で食べたら一夜明けても岐阜カレー?たくさんのおさがりをいただいたなんてバニラさんらしいエピソードですよね〜

しとろん2016年9月19日

バニラさんのブログを拝見していると、子供が皆に祝福されて生まれてくる様子がわかります。 私の連休は、数組のご家族と山のロッジで過ごしました。昔から寡黙だった友達夫婦に生まれた子供は常に朗らかで、パパとママの間を取り持っています。子供はやってくる、というのは本当ですね。

(本物の)昭和生まれ2016年9月20日

毎度毎度書き込んでいますが、あっしは地方の田舎街に住んでおります。そのせいか(?)、あっしの近所には「子供入店不可のレストラン」がないのです。まぁ~ある意味、いい歳をしたあっしがレストランで一人メシの方が異常だったりして(泣)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー