現代短歌ナイル

img_2156

現代短歌ナイル』11月号になんと、私をお題にしてくださった短歌が掲載されています。ご許可をいただき、転載いたします。

小村井敏子さんの作品

海の日に海を離れて新宿にカツドウを見る弁士はバニラ
十六ミリに追われたるそのかみのおもちゃ映画を初めて知った
よき婚のしるし現われパワーアップ活弁の愉快弁士バニラの
結婚か仕事か選ばされてきた女の歴史おんなの涙

とても光栄、嬉しいです。私はこう見えて後ろ向きな傾向にありますが、他の方に言っていただくと、幸せを実感する度合いが大きいタイプだと自覚しております…。

小村井敏子さんは講釈師、六代目神田伯龍先生の奥さまです。きたる11月3日13時より、お江戸日本橋亭にて『六代目神田伯龍没後十年演芸会』が開催されるそうです。小村井さんと知り合ったのは伯龍先生がお亡くなりになった後だったのですが、伯龍先生への想いをとても感じます。私はまだ産後の産褥期のためうかがえませんが、きっと素敵な会になることでしょう。

ところで、この会にご出演の寄席囃子奏者・恩田えりさん。お会いしたことはないのですが、ご著書『お囃子えりちゃん寄席ばなし』を拝読したことがあり、とても勉強になりましたよ♪

2016年10月23日

コメント

TAKAじい2016年10月24日

後ろ向きなマイナス思考はあまり良くないけどマイナスイオンは身体にいいね!月亭可朝さんは「嘆きのボイン」なんか歌うんでしょうか!?ナイルって聞いて東銀座のカレー屋さんを思い出しました。バニラさんの産後の肥立ちが順調そうで何よりです。

(本物の)昭和生まれ2016年11月5日

バニラさん、お元気ですか? 子育ては大変でしょうけれど、夫さんと協力して仲良くやって下さい(←独身のあっしが言うのもなんですが…)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー