ピアノdeシネマ鑑賞

柳下美恵のピアノdeシネマ2017「節分は対決♪」を観に、渋谷アップリンクにうかがいました。授乳中はステージ鑑賞は考えられなかったのですが、昨年、新たなシーンが発見されたばかりの『突貫小僧』が気になり過ぎて、前の晩、生後4ヵ月の娘と渋谷の雑踏で途方に暮れる夢を見たほど。夫に話したところ、二つ返事で娘とのお留守番を引き受けてくれました。

朝日新聞「小津作品に新フィルム 「突貫小僧」短縮版、ほぼ完全に」

昨日のゲストは尾道在住のクラリネット奏者・瀬戸信行さん。日米の女装映画を柳下さんのピアノ演奏と弾き比べの企画でした。

ジャンケンで順番を決め、まずは1914年封切りの「つらあて」、チャップリンが放浪紳士のキャラクターを確立する前、暴力的な奥様役での出演です。柳下さんの軽快な音楽の後で、瀬戸さんは哀愁漂うメロディーを奏でました。コメディでありながら、見ているうちにチャップリンがだんだん気の毒に思えてきたとのこと。確かに、ドタバタコメディではありますが、夫に浮気されたあげくに海に落っこちるお話で、新鮮な解釈だと思いました。

続いて『海浜の女王』1927年、松竹蒲田作品。こちら映画保存協会の「映画の里親」制度により復元された作品です。チャップリンと違って、元水泳選手であるガタイの良い鈴木傳明さんが女装をしているので、男性弁士が野太い声で活弁したら面白いのではないでしょうか。新聞記者が女装をしてスクープ&事件解決というツッコミがいのありそうな物語ですし。瀬戸さんはクラリネット以外にも、録音機能付きの拡声器や、自作のおもちゃ楽器を駆使していらっしゃいました。

最後にいよいよ『突貫小僧』1929年、松竹蒲田作品。これは女装関係ありません。私が見たことあるのは14分の長さでしたが、昨日は21分。本当は38分の作品だったそうなので、まだ全ては見つかっていません。上映分数が伸びたことを差し引いてもゆっくりに感じたので、おもちゃ映画ミュージアムでは当時の上映スピードに合わせて復元したのだと推察いたします。フィルムの規格が変わったので、無声映画は当時より速いスピードでDVD化されていることがよくあります。

『突貫小僧』はピアノvsクラリネットではなく、ピアノ&クラリネットでの演奏でした。即興で二人で映画に合わせるというのは、ますますたいへんそうです。突貫小僧の台詞をクラリネット、悪者一味をピアノが担当と打ち合わせされていたのかなぁ?と感じました。突貫小僧君のめんこいことよ。何年か前に週刊新潮の掲示板コーナーで『突貫小僧』をお持ちの方を募集したことを思い出します。復刻版を見ることができて良かったです。

大急ぎで帰宅すると、娘はいつもは寝ている時間なのに起きて待っていました。ひゃー、申し訳なかったよ。でもいつか活弁したい作品に出会うことができました。

 


2017年2月4日

コメント

TAKAじい2017年2月4日

ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね そうよ母さんも 長いのよ♪ こんばんは突貫子象です。。。昔のいろんな作品が発見されてバニラさんがたくさん活弁できるといいなぁ。

しとろん2017年2月5日

夫に浮気されたあげくに、海に落っこちるんですか❓❗いやー、浮気なんかする人の気が知れません。 きっとバニラさんは『突貫小僧』を観ながらうずうずしてらっしゃったんだなと想像にかたくない😇

(本物の)昭和生まれ2017年2月6日

ちょと話が違うのですが、一昔前に「家庭用ビデオ・デッキ」や「レーザー・ディスク・プレーヤー」を普及させるという目的で製作された映像作品があるのです(注:AVではありません)。あっしは今、このような作品を血眼で探しているのですが、当時あまり売れなかった(←物凄く高価だった)ために、現存している数が極端に少ないのです。オークションや専門店をハシゴしていますが、店員に「今時ビデオ・テープ?」という顔もされます。昨年末に、一作品がブルーレイで復刻されましたが、これは本当にまれな例です。またオチがない~!んぴゃむほひょえぇぇ…。

しとろん2017年2月9日

えーっ❗金田朋子さんお目出度❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー