小さなお客さん

娘には絵本読み聞かせの代わりに(?)活弁を聞かせています。私が弾き語りを始めると、身を乗り出して聞いていたり、一人遊びをしたりして過ごしてくれます。私が先に疲れて休憩するほど集中して聞いてくれることもあり、良いお客さんです。

いつか赤ちゃん向け活弁上映会もしてみたくなりました。とはいえ赤ちゃんのことは意識せず、お父さん・お母さん「も」ではなく、お父さん・お母さん「が」楽しむための演目にしてもいけるのかもしれません。なぜなら、連日娘が聞いているのは来月の独演会で活弁する旧ソ連の国策映画(なのにラブコメディ)『帽子箱を持った少女』なんですから。

何度も活弁した作品ですが、今回も改良点が見つかっています。無声映画って何をもってして完成というのでしょうか。1927年封切り作品の活弁を2017年に練り直していると、そんな考えも浮かんできます。まだ発見があるのは嬉しいのですが、黙って楽譜や台詞を書き直し始めると娘はぐずり出すので大急ぎです。

娘は「なぜうちのテレビはたまにモノクロになるのか?テレビからではなくお母さんの方から音が聞こえるのはなぜか?」などと、テレビと私を見比べながら一生懸命考えているようです。

7/8(土)14:00「山崎バニラの活弁大絵巻 in Komaki」愛知県小牧市 まなび創造館 あさひホール
7/22(土)15:00「喜劇映画のビタミンPART5~突貫レディ~」御茶ノ水 エスパス・ビブリオ
チケット発売中&ご予約受付中、是非ご来場くださいませ☆

2017年6月18日

コメント

TAKAじい2017年6月19日

梅雨は傘の出番。もしハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンで「雨に唄えば」を作ったら時代は変わったんだろうか・・・こんにちは「傘ブランカ」です。。。まぁなんてかわいいお客さんだこと。髪の毛ふさふさになって。赤ちゃん向け活弁上映会があったらおしゃぶりして出席します。

しとろん2017年6月23日

「まなび創造館」に直接電話で問い合わせをしたのですが、当日券の予定は無いそうです。「そんなこと言わないで、当日券プリーズ❗️」と、大きな態度をとるのもどうかと思いましたので、小さく引き下がりましたよ😌 態度の 小さなお客さん😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー