慶應義塾普通部公演

先日は慶應義塾普通部の中学生を対象とした芸術鑑賞会に出演してまいりました。慶應義塾大学の教授だった父のことは関係なしに偶然のご依頼だったそうで、父も何度か”講演”したホールで、私は内容が全然違う”口演”をしました。

朝から大急ぎで準備して午前と午後の2回公演。演目は『活動写真いまむかし』『子宝騒動』『キートンの警官騒動』…騒動×騒動でお届けしました。

約10年前にキーボード弾き語りして以来、初めて大正琴弾き語りで活弁した『子宝騒動』と、十八番の『警官騒動』、意外にも(?)『子宝騒動』の方がウケていた気がします。これは今の私には嬉しい!次回公演に向け弾みがつきました。

どちらの回も最後に質疑応答の時間がありました。「声優と活弁の仕事が同時に来たらどうするか?」から「バニラの美味しい食べ方」まで(笑)。他にも「今、自作パソコンを作る意味」や「『ブレンドS』見ました←それ、質問じゃないよね?」のやりとりなど(笑)。もちろん活弁制作に関するご質問も、時間いっぱいまでたくさん手が挙がりました。

男子校での公演は初めてだったのですが、先生も生徒さんも仲良く、客席も盛り上がり、バニラ弁士もたいへん楽しい公演でした。約90年前の無声映画の活弁で現代の男子中学生達が大笑いしてくれる…ってよく考えたら、とても素敵なことですよね☆呼んでくださりありがとうございました!

2017年12月23日

コメント

TAKAじい2017年12月24日

鍋にはえのきも入れなくちゃネ!げんきですかぁ〜?アントニオえのきです。自分が中学生の時にバニラさんが活弁に来てくれていたらなぁ・・・タイムマシンが出来たらきっと来てください。「子宝」といえば昔コダックのカラーフィルムを「コダカラー」なんて言ってましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 最近の投稿

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アーカイブ

    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー