清瀬高校芸術鑑賞会

独演会翌日は、所沢市民文化センターミューズ「マーキーホール」にて、都立清瀬高校芸術鑑賞会を務めてまいりました。『帽子箱を持った少女』ピアノ弾き語り、『動物運動会』大正琴弾き語り、『活動写真いまむかし』でお届けしました。

世界三大喜劇王と呼ばれるキートンやロイドの代表作というのはとにかく面白く、活弁していてとても楽しいものです。しかし『帽子箱を持った少女』や先日の『臨時雇の娘』はもちろん名作ですが、私の活弁や解説がついてより面白くなっている実感が沸くと言いますか、弁士としてやりがいのある作品です。

またどちらも女性が主人公なので、女性弁士ならではの作品かな…とも思います。清瀬高校の皆さん、とても集中してご覧くださっていました。

3日間、全部違う演目の連続ソロ公演はだいぶ前からスケジュールをいただいており、昨年の七夕の短冊に「今年度を無事に乗り切れますように」と切実にしたためたことをしみじみ思い出します。

娘の保育園が決まらなかった中、幼なじみ、ご近所さん、家族、たくさんの皆様に「支えられて」なんて生ぬるい言葉ではとても足りないチームで挑んだ日々。ブログをご覧いただき、また劇場に足を運んでくださり、応援してくださった皆様も本当にありがとうございました。

さあ、次の公演に向けてがんばるぞー!次回公演がある喜びをかみしめつつ…。

2018年3月26日

コメント

TAKAじい2018年3月26日

天馬博士、鉄腕アトムを作ってくれてありがとう。いまや手近なところにロボットがいるね。ペッパーとか。こんばんは手近治虫です。。。プリマドンナのようなお姿のバニラさんお元気そうでよかった!次回公演もがんばってください。

(本物の)昭和生まれ2018年3月27日

「つまらないなー」と考えていたら、本当につまらなくなってしまう。「いいことあるさー」と考えていたら、本当にいいことが起きた。世の中って、こんな感じでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  • 最近の投稿

  • 2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • アーカイブ

    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー