自由業ならではの保活

1年半に渡る保活がようやく終わりました。保活を始めた頃、ご近所の先輩ママが区役所のパンフレットに書き込みまでしながら保活の手順を教えてくれました。彼女は旦那様から「保活について本が書けるとまで言われている」と笑っていましたが、今まさに私もそんな心境です。

1歳の娘はこの4月から保育園に通い始めたばかり、たった5ヶ月ですでに3園目です!不満があって転園したわけではなく、むしろどの園にも感謝感激しております。転園の度に娘にどれほど精神的負担をかけるかと心配しましたが、病気にもかからなくなり、どの園も楽しく通ってくれています。

1園目:認可保育園に申し込みましたが全滅で、東京都独自の認証保育園(3歳まで)に入りました。家から遠かったのですがラッシュ時に電車に乗る自信がなく、ベビーカーを押して歩きました。でももうずっとここにお世話になりたいな…と思うくらい良い園でした。暑くなるまでは(^^;

2園目:認可の小規模保育園に空きが出て、ダメ元で申し込んだら転園することができました。家からまあまあ近くなりました。専業主婦のご家庭も午前中だけでもこういう所に預けられる制度があったらいいのに…と思うほど、毎日工夫を凝らした遊びをしてくださりました。小規模園はアットホームですが、こちらも3歳までです。

このまま保育園が決まらない可能性も考え、幼稚園にも見学に行きました。延長保育などがあり共働き家庭も通いやすいと評判の園でしたが、やはり基本は専業主婦を想定した園生活だと感じました。そして説明会にいらしているお母様達が、保育園のお母様達と雰囲気が全然違う!どちらがいいとか悪いとかではなく、たいへん興味深かったです。その幼稚園も素晴らしいと思ったので、いざとなったら幼稚園で頑張ろうと思いました。

3園目:小学校入学前まで通える近所の認可保育園に空きが出ました。人気の園で空きが出ること自体が珍しく、私ははなからあきらめて見学すら行っていなかったので、慌てて見学申込み。すっかり気に入り、認証や小規模に通った実績でポイントが加算されたので一か八か申し込んでみました。結果発表までの日がとても長く感じられ、スーパーで買い物中に区役所から電話があった時には嬉し涙が止まらず、店員さん達にもお祝いの言葉をかけていただきました。

保活だけでなく「転園」もこんなにたいへんだとは…!入園後、娘も私も病気ラッシュの合間をぬっての活動となりました。毎月発表になる空き情報をチェックして期日までに応募書類提出、もしくは希望園の変更。転園が決まれば園ごとに違う書式の膨大な書類に記入、毎回、健康診断を受け直し、個人面談も受け直し、慣らし保育もやり直しです…!でもこれは子供を安全に預けるために大切なことです。私は自由業だからなんとかなりましたが、年度途中で会社員のご夫婦にこんなことできるのでしょうか?!区役所の窓口で「年度途中での転園・入園はさらに厳しい」とアドバイスを受けていましたが、自由業には狙い目かもしれないと思いました。

託児所、一時預かり所、高級保育園など(笑)、娘と様々なところに見学に行き、社会勉強になり、考えさせられる出来事もありました。ポイントで割り振られていくだけなのに、なぜか物言う情報戦。私は日頃、無声映画の情報を集めている経験も役に立ち、ママ友ネットワークにも恵まれました。エピソードてんこ盛りの一年半はたいへんだったけれど、いろいろな園を見ることができたお蔭で、ご縁のあった園に深い感謝ができるのだと思います。保活中のご家庭に心からエールを送ります。

※写真は数か月前、全面外が見える大観覧車で、楽しそうな娘と、おびえている私。

2018年8月30日

コメント

TAKAじい2018年8月30日

人としての器が大きいバニラさん(ゴマスリ〜♪)も小さい時は大器児童だったの?鳥取県が待機児童ゼロで住みやすいよ〜ってポスター出しましたね。ともあれ娘さんが希望の保育園に入れてよかったですね。バニラさんの努力に拍手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 最近の投稿

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー