京都国際映画祭チラシ

京都国際映画祭2018、大江能楽堂用のチラシを作っていただきました。大江能楽堂の多くのプログラムが弁士と楽士(私の場合は一人で両役)付きの無声映画を上映します。

喜劇映画研究会代表の新野敏也さんがブログに洋画コメディ作品の見どころをご紹介くださりました。私が担当するのは10月13日(土)16:10~の『荒武者キートン』です。チケットはこちら

『荒武者キートン』は世界三大喜劇王の一人、バスター・キートンの名作コメディですが、仇討ちがテーマとなっているため、サスペンスフルなオープニングから、重厚なエンディングを迎えます。私は洋画コメディを弾くとき、効果音やアクションをピアノでひろうことに醍醐味を感じておりましたが、今回はいろんなものをそぎ落としております。手を抜いているわけではなく(!)突き詰めるとそうなっていきました。もしかしたら新たな段階に入ったのかもしれない弾き語り活弁を是非ご覧くださいませ。

★その他のお知らせ★
●10月22日(月)19:30~ 神楽坂映画祭2018~活弁とピアノ演奏による三人三夜
コメディに、切り紙アニメに、自作動画、あれこれご覧に入れます!

●10月27日(土)10:30~ 東京国際映画祭「山崎バニラの活弁大絵巻 in TIFFチルドレン
チラシやチケット情報が公開となりました!

●11月4日(日)14:00~ 『寝屋川文化芸術祭~山崎バニラの活弁大絵巻 in Neyagawa』
入場無料!電話予約&大人のみでもOK!初の大阪公演です!

詳細はホームページをご確認くださいませ。無声映画観賞会の会報『活狂』2018年秋号(10月1日発行)のリレーエッセイ「平成弁士奮闘記」今回は私が担当しております。

2018年10月8日

コメント

TAKAじい2018年10月8日

新たな段階に入った小柄なバニラさんをミニ行くのが楽しみです。でも大阪、京都は無理かなぁ。残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 最近の投稿

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • アーカイブ

    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー