映画『シンプル・シモン』

IMG_0014-2

渋谷ユーロスペース他で公開中の映画『シンプル・シモン』を観てきました。2010年のスウェーデン映画です。

主人公はアスペルガー症候群のシモン。彼の一番の理解者であるイケメンのお兄さんはシモンを大切にするあまり自分の彼女とうまくいきません。お兄さんの恋人探しのためにシモンはこだわりの時間割を変更し奔走するのですが…というお話です。

本作はストーリーはもちろん、北欧のかわいらしい雑貨の数々も大いに見どころです。スクリーンのあちらこちらに映り込むもの全てにときめいてしまう。関連の記事はこちら。シモンは時間以外に、丸い形にも強いこだわりを持っています。だから家の中は丸いものだらけ。温かみのある色合いもデザインも本当に素敵。

不規則な仕事柄、収録が早く終わり平日昼間から一人でふらりと映画を観るときが贅沢な気持ちになります。本作はサブカル系女子のお一人様も客席に多めで居心地よかったです。

私はアスペルガー症候群のことは専門的にはわからないのですが、他人に触られるとヒステリーを起こすシモンを観て、自分の子供のころを思い出しました。幼少の私に
「あら、かわいいわねぇ」と近づく人がいようものなら、母は
「触らないでください!」と言って歩いたのだとか。自分でもすごいヒステリーを起こしていたのを覚えています。それが今ではコミュ力はわりと高い方になったと思います。登園拒否の毎日、幼稚園がなぜあんなに辛かったのか今でもよくわかりません。

なんか、素敵な雑貨を買いたくなっちゃった♪ 子どものころの私↓

アラレちゃん 002


2014年5月17日

コメント

ジョー2014年5月17日

それが今では立派なサブカルメガネ女子に成長しました。。

トキメィキボー2014年5月17日

…丸いものというと、MyRoomではコタツ&フトン。あえてイナカふうなのがお気に入り♪…で、サブカル女子の姿が曖昧でしたので調べてみましたっ(/ω\)ふむふむ…どうやら、私の敵ではなさそうデス。|д゚)ぇ ところで、バニラさんは毎日、ヤクルト摂取していそうなイメージ膨らむのですが、本当ですか??

しとろん2014年5月18日

私の父親は変わり者なのですが、それでも結婚して子をもうけ、家族円満で、もうじきその一生を終えようとしています。私は息子ですから、その形質を少しは継いでいるのか、感受性が強くてうまく行かない事もありますが、それでも鈍感な人間に生まれなくて良かったと思っています。 そもそもアスペルガーなんて、病気じゃ無くて個性でしょ?そんな事でその人の価値は決まらない。この映画も観てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー