日常のこと

  • 商店街のお店のハートの風船飾りを、娘がガラス越しにじーっと見ていたら、「お一つどうぞ」とくださりました。娘は大喜びで持ち帰り、今もよく投げて遊んでいますが、収納場所に困っていたところ、ある日、大正琴演台にすっぽりはまっていました。たいへんフィットしているので、ここが定位置となりました。今度、ステージに風船ごと登場しようかしら♪

    4月から『ポチっと発明ピカちんキット』かなり新展開となっております。昨日のゲスト声優のお一人が森川智之さんでした。登場シーンは違えど、宮城県白石市の観光アンバサダーと観光大使がそろいました。収録現場でお会いした際には白石のことを気にかけてくださっていました。見逃した方は是非、再放送をご覧くださいポチ。
    5月29日 BSテレ東 17:00~
    娘は「ピカちんキット見たいポチ」と言うようになりました(笑)

    大森くみこ弁士とピアニスト・天宮遥さんによる「活弁ライブ in OSシネマズ神戸ハーバーランド」、今月は『子宝騒動』が上映され、なんと私が以前、大正琴弾き語りで披露した『500円の歌』をお二人がアレンジして採用してくださりました!来月は6月8日『メトロポリス』の上映です。毎月、大ネタを…すごい…!

    山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす』チケット発売開始となりました!
    7月19日(金)19:00開演(18:30開場)
    ■会場:たかすメロディーホール北海道上川郡鷹栖町南2条4丁目
    ■演目:『活動写真いまむかし』/『豪傑児雷也』大正琴弾き語り/『荒武者キートン』ピアノ弾き語り
    ご来場、お待ちしております☆

  • 演奏中のギターに装着できるピックケースがあることを知り、大正琴にも使えるのではないかと購入。…っと写真をとっていたら、娘の腕がニョキっと入り込みました。

    ●予備のピックも入れられる。
    ●活弁中もさっと取り出せる。
    ●落下の心配がない。
    言うことなしです。ご注意いただきたいのは、貼る場所を気をつけないとケースの蓋がしまらなくなる場合がございます。

    今まで包帯をとめるときに使うようなテープで大正琴上面にピックを貼りつけ、別のピックをはさんでセットしていました。しかしこの方法ですと、琴がベタベタになったり、ピック落下の恐れがあったりしました。 ピックケースのお蔭でたいへん快適になりました。

    さて、母の日に合わせ、2歳の娘が保育園からカーネーションの折り紙のプレゼントを作って持って帰ってきてくれました。嬉しくて「これなーに?」と聞いたら、「ヒトデ」ときっぱり。私「え?!ヒトデ?!」娘「ヒトデ」と断言。私「ヒトデか~(苦笑)」言われてみれば形が似てなくもない。カーネーションがヒトデに見えてきた母の日です。

    7月19日(金)19:00開演 山崎バニラの活弁大絵巻 in たかす 
    たかすメロディーホール、メロディー通信5月号にドドンと掲載していただきました!ピックケース装着大正琴とともに『豪傑児雷也』弾き語り初披露、頑張ります。

  • 白石市民春まつり2019、午後はすまiる広場ステージに登場しました。まずは、よさこい走乱白石城の皆さんと『白石よござりす』(作詞・作曲・編曲・演奏・歌:山崎バニラ)の踊り披露。新しいお子様メンバーも完璧に踊りをマスターしてくれていました。途中から山田裕一市長も参加♪ その後、山田市長に大いに助けていただきながらのトークショー。

    山田市長はとにかくフットワークが軽く、腰は低く、 風間前市長に負けず劣らずの市民の人気者です。しろいし大行列のときも沿道から多くの市民に呼びかけられていました。令和婚に向け、婚姻届けをサプライズで受け取るために、気を遣わせまいと市の職員さん達にも告げずに5月1日の深夜、市役所で待機していたところ、なんと最初にやってきたのが、よさこいメンバーのH君だったそうです…!まことにおめでとうございます!!春まつりを大いに楽しむ風間前市長とも偶然お会いできて、たいへん嬉しかったです。

    さて、十連休中は北海道・宮城と2ヵ所出張したわけですが、夫と娘は食紅や抹茶を使って本格的に三色団子を作るなど、なんだか楽しそうにお留守番していました(笑)



  • 本日発行『赤ちゃんとママ』5月号にエッセイを寄稿いたしました。ようやくママタレらしいお仕事をいただきました(笑)娘ネタには事欠きません。現在、赤ちゃんの育児に奮闘していらっしゃるご両親に向けた雑誌なので、少し踏み込んだ経験談も。他のページも娘が赤ちゃんだったころのことを懐かしく思い出しつつ、今でも参考になる記事もありました。

    娘は2歳半になり、ますます面白いです。空港に飛行機を見に行った際、カフェでランチをしていたら「流しそうめんが食べたい」と言い出し、これには他のお客さんまで「なんで流れてなきゃダメなんだ…」とツッコミを入れていました。

    相変わらず敬語・謙譲語・丁寧語も駆使して話すので、こっそりおやつを食べようとしたら「お母さん、召し上がらないで!」なんて言われます。保育園にお迎えに行けば「お母さん、ちゃんとお仕事できたぁ?」と娘の方が母親のような口ぶり。三日月が出ると笑顔の口に見えたようで「お月さまが微笑んでいるね」なーんて素敵な表現をします。

    鳥のフンを踏んでしまったことがとても衝撃的だったようで、しばらくは道端の鳥のフンを見つける度に大注目。いくつ落ちているか確認するために、数が数えられるようになりました。「うんこ先生」ならぬ「鳥のフン先生」です。

    古い大正琴を一つ娘にあげて、弦も張り替えました。きちんとピックを持ってかき鳴らします。大正琴愛好者、最年少ではないでしょうか♪さあ、4月29日(月・祝)山崎バニラの活弁大絵巻 in ちとせ もいよいよ!お母さんも頑張って大正琴とピアノをかき鳴らします!10連休中、私は2度出張、夫に頑張ってもらいます^^

  • 今年も確定申告の季節がやってまいりました。電子申告e-Tax9年目、ベテランの域に入ってきた私が、今年は役所に2度も行くことになってしまい、結局、窓口に提出に行く人以上に移動した顛末を書きたいと思います。

    私は「確定申告をする私へ」と題した手紙を毎年、翌年の自分に宛てて書いています。ちょっとした未来への手紙です(笑)それでも去年はマイナンバーカードの導入で右往左往しました。去年のブログ→「ポチっと確定申告?

    そして今年はe-Taxのサイトがリニューアルされていました。昨年までは最後にカード読み取りの動作確認があったと記憶しておりますが、今年は最初にありました。

    そもそもe-Taxをするには3種類のパスワードを使いこなす必要があります。昨年までは最初に入力するのはe-Taxの利用者用パスワードだったような気がします。ところが、今年はマイナンバーカードに関するパスワードでした。気づいたときにはもう手遅れ。入力間違えの回数制限を超えてしまい、ロックされてしまいました。ロックを解除するには窓口に行く必要があるのです(泣)サイトがリニューアルされたせいではありません、言うまでもありませんが、悪いのは不注意だった私です。

    ショックで倒れそうになりながらも、窓口で「署名用パスワード」を変更してきました。ヨレヨレになって帰宅したものの、まだロックが解除されない…?ここで私はまた気づきました。変更すべきは「証明用パスワード」であったと…。二度目となるともはや愉快になって、窓口の方も私のことを覚えていてくださり、和やかにパスワードを再発行していただきました。

    これほどのトラブルを抱えながらも複雑怪奇な青色申告完了!日頃からきちんと帳簿をつけていたことと、一年前の私からの手紙のお蔭です(^^;

  • 55㎡までの心地よいコンパクト暮らし』大橋史子著(2018年、朝日新聞出版)を読みました。数々の写真がステキなのはもちろん、読み物としてもたいへん面白かったです。

    ご夫婦&お子さんの4人暮らしのご家族もご登場。在宅でお仕事もなさっている方が多いことに感心しました。ご自宅でお教室を開いていらっしゃる方もいるのです。

    細かいことの積み重ねで、台所に食器カゴをおいていないご家庭が多めでした。私は食器布巾を頻繁に消毒するのがたいへんなので、食器洗い機の乾燥機能もあれど、やはり一時乾かし所が必要です。でも、哺乳瓶を使っていたころの流れで食器カゴが今も2つありました。これを一つにしたところ、食器カゴの消毒の手間が減り、台所の作業場も広くなりました。食器カゴが1つになった分、炊飯器やボール、フードプロセッサーなどはコンロにおいて乾かすようになりました。見渡せば不要なものはまだあるものです。

    我が家も決して広くありませんが、本書にもある通り、狭い家には利点もあります。相変わらず自室がない中、育児の合間に事務作業、創作活動の合間に家事…という感じなので、部屋の移動がないのはたいへん効率的です。エアコン一つであちこち暖まるのもいいです。物を買う時、「これが本当に欲しいのか?」ではなく、「持ち帰ったところで家にしまう場所はあるのか?」と考えると、買い物が減りました。

    ちなみに本日の写真は我が家です…と言ってみたいところですが、こちらもまた先日のRakuten Evangelist Party 2019にて、たいへん素敵な控室でした。

    サンドのこれが東北魂だ~ニッポン全国!アツいぜ!おでん』が沖縄・琉球放送にて2月19日(火)14:50~再放送です。私は面白おでん学のコーナーを担当、沖縄の方にこそご覧いただきたいおでんトリビアもご紹介しております^^

  • ある出張の日の朝。未明に起きて、床拭きロボットを起動。無声映画を見ながら、前の晩に洗濯乾燥機にかけておいた洗濯ものを畳む。ニュースを聞きながら宅配のおかずセット3品料理。無洗米をセット。食器洗い機を起動していざ出発。家電&宅配ありがたや。

    ある保育園送迎の朝。娘が髪の毛を切らないと出かけないとゆずらない。前髪だけ切るとか髪を結ぶとか妥協案を提示したが却下される。仕方なく全面カット。なんと3分でおかっぱに。出産前まで自分の髪も夫の髪も全面カットしてきた経験は無駄ではなかった…!

    ある休みの日の朝。娘が先に起床、夫をまたいで私の所にやってきた。2歳の娘はもう敬語もマスターしつつあり、
    「お父さんをまたがせていただいた」と私に報告(笑)。 娘は予想よりだいぶ早く家事の戦力になりつつあります。洗濯物畳みをお願いし過ぎたら「もう充分畳んだよ」とウィットに富んだ切り返しもお見事。

    私は朝から疲れる…ではなく、朝から自分をほめています(^^; 写真は宮城県白石市の碧水園、エアー抹茶で一息。 サンドのこれが東北魂だ〜ニッポン全国!アツいぜ!おでん 三陸 石巻より愛を込めて ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました!

  • お誕生日会

    先日の宣材写真撮影、2着目の撮影が終わり、お昼休憩時に渡辺さん率いるイーズの皆様にサプライズでお誕生日会をしていただきました!ろうそくはなんとなく5本にしてくださったそうですが、4と1でちょうど良かったです?!本当にありがとうございました!

    20代の頃は、私の声と芸風では長くお仕事を続けるのはたいへんだろうな…とうっすら思っていたので、実は自分でも意外な40代を過ごさせていただいております。たいへんありがたく、多くのご協力あってのことと日々感謝しております。

    娘に申し訳ないと悩んでいた時期、お友達に
    「お母さんが自己実現しながら子育てしている姿を見せるって、子供にとってなんて素晴らしいことか」
    と励まされ、ものすごく勇気をもらいました。

    幸せな子育て環境に正解はなくとも、我が家の場合はこれでいいはずと信じて、今日も慌ただしく早朝から家事をして、保育園に送って、娘に「行ってらっしゃい!」とお見送りしてもらって、公演はカツラだからと頭ボッサボサのまま出張に行ってきました。(夫も頑張ってます^^;)

    さて、10年ぶりくらいに民放さんの全国放送に出演します。
    サンドのこれが東北魂だ〜ニッポン全国!アツいぜ!おでん 三陸 石巻より愛を込めて』東北放送制作
    JNN9局ネット特別番組(TBC・HBC・TBS・SBS・CBC・MBS・RKS・RCC・RKB)
    1月27日(日)16:00~16:54分放送予定
    「面白おでん学」コーナー担当

    芸風は、変わっていません。でも進化は目指しつつ、これからも頑張ります。お祝いのお声掛けくださった皆様、どうもありがとうございました!

  • 7年振りに宣材写真を撮り直してきました。おなじみメイク&着付けの渡辺雅江さん(写真左)が率いるイーズのアトリエにおじゃまし、イーズさん総出で撮影していただきました。

    前回、イーズの皆様と集合写真を撮ったのが2年半前、大野さん(写真左から2番目)と私が二人とも妊娠中でした。大野さんのお子さんは「いや」のことを「やい」と言うそうで、「イヤイヤ期」ではなく「ヤイヤイ期」でなんだか楽しそうになっているというお話に皆で和みました。ちなみにうちの娘は「いや」でも「やい」でもなく、ちゃんと「やめてください」と言うと教えたら皆、大笑いでした。

    渡辺さんの昨年大晦日のブログにもございますようにイーズは昨年、会社設立20周年だったそうです。「i:z」のロゴが入った20周年記念のオシャレな鏡の前でまた皆で記念写真を撮りました。まことにおめでとうございます!!

    徐々にチラシなどの写真が切り替わっていったり、戻ったり(?)、まだ間に合わなかったりすると思います。角尾さん(写真右)もいつの間にか10年以上のお付き合い。渡辺さんと大野さんにはかれこれ16年お世話になってきました。受けた影響計り知れず。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。新しい写真もたくさん使う機会がありますよう頑張ります。

  • 娘を抱っこしながら姪の髪の毛を結ぶ私の図。甥も姪もあっという間に大きくなり、従姉妹である娘を非常にかわいがってくれて、頼もしい限りです。娘も甥と姪のことが大大大好きです。

    お正月は家族とたくさん過ごせてとっても楽しかった。久しぶりに料理もたくさん作り、夫にもたいそう喜んでもらえました。「本当はもっと丁寧に暮らしたいのよ」とぼやき続けた慌ただしい日々から離れ、生活を整えることができました。

    がしかし、改めて専業主婦や母達の偉大さを実感しました。いや、たったの数日で何年、何十年と家庭をきりもりする専業主婦の気持ちがわかったような気になんかなってはいけないのだと思います。

    Eテレ『すくすく子育て』が非常にためになりますので、妊娠中から欠かさず見ております。向き不向きはあれど、専業主婦の方の内なる悩みというのは本当に深刻でたまにもらい泣きしそうになります。もちろん働いているお母さんも悩みは尽きませんし、そもそも番組に悩みを投稿する時間もとれない方が多いのかもしれません。

    私は今年ももう出張を開始しております。娘は白石でも売っている福島銘菓「ままどおる」を買いにお母さんはせっせと出かけていると思っているかもしれません。

1 2 3 4 5 6 11
  • 最近の投稿

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

    • 2019
    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー