無声映画鑑賞会会報「活狂」

山崎バニラの活弁大絵巻2019~陽気な仇討ち

10月20日(日)14:00開演(新宿スペース・ゼロ)いよいよ今月です! 今回は新宿フィールドミュージアムに参加しており、新宿周辺で開催されるイベントのスタンプラリー会場にもなっています。 ネタバレを避けまして、喜劇映画研究会プレゼンツ『荒武者キートン』ロビー展示は終演後にお披露目いたします。お帰りの際に是非ご覧くださいませ。チケット発売中です!

無声映画鑑賞会会報「活狂」

無声映画観賞会会報『活狂』秋号(10月1日発行)リレー・エッセイを担当しております。2年ほど前、私は映画『カツベン!』の始動を報道で知り、なんと、どなたも介せず“一見さん”で東映窓口にお電話し、「周防監督に私の活弁をご覧いただきたいのですが、どうしたら良いでしょうか?!」とうかがったのでした。突然のヘリウムボイスに果たして?!というお話です。

巻頭エッセイはなんと『カツベン!』で主演している成田凌さん。成田さんの活弁指導を担当した坂本頼光弁士へのあふれんばかりの感謝の辞に、私もじーんとしました。成田さんは半年近く活弁の特訓をしてから撮影に入られたそうです…!無声映画観賞会も観にいらしてくださり、客席からも端正なお顔立ちが目立っていました。そうそうたる出演者の皆様それぞれに無声映画や活弁について調べてくださったということも含め、私は試写を観てとにかく感動しました。成田さんは特訓の成果がものすごくあらわれていました!俳優さんって本当にすごいなと思いました。

第32回 東京国際映画祭 ユース部門TIFFチルドレン
「山崎バニラの活弁小絵巻2019」

11月4日(月・祝)10:30開演、こちら1ヶ月前です!漫画映画『動物オリンピック大会』(1928)は『動物運動会』(1932)と合わせて上映します。どちらも切り紙アニメの名手・村田安司さんの作品です。1928年といえば、オリンピックのアムステルダム大会で人見絹枝さんが日本女性初のメダルを獲得した年、1932年といえば、ロサンゼルス大会で男子水泳が6種目中5種目で金メダルをとった年であることに、大河ドラマ『いだてん』を観ていて気づきました…!漫画映画制作にもきっと影響があったことでしょう。ちなみに村田安司さんの記念すべき第1作は10月20日のスペース・ゼロ公演でご覧に入れます!第1作からすでに超奇想天外です…!

無声映画鑑賞会会報「活狂」” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    歳とともに肺の酸素摂取と心臓の末梢組織への酸素供給能力が低下してるような気が・・・という事で心肺機能がすこし心配。。。前畑がんばれバニラさんがんばれ!スペース・ゼロと『カツベン!』封切りが待ちどおしい今日この頃です。

この投稿はコメントできません。