バニラアワード2019

毎年恒例、ブログコメントでおなじみのTAKAじいさんがハッピーカレンダーを作ってくださりました。本当に素敵なカレンダーをありがとうございます!来年も皆様にとってハッピーな年になりますように!(非売品で恐縮です)

こちらも毎年恒例バニラ・アワードの発表です。あえて、映画『カツベン!』関連以外からあげさせていただきますと…

世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009
舞台『キネマの恋人』台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

を選ばせていただきます!登場人物たちは頻繁にハリー・ラングドンの話題で盛り上がっていました。チャップリンやキートン、ロイドなどの世界三大喜劇王ではなく、ラングドンであるところが、さすが喜劇映画研究会初代会長であるケラリーノさんです。劇場鑑賞時、すでにラングドン主演の『初陣ハリー』の活弁をネタおろしすることが決まっていたので、舞台上でラングドンの名前が発せられる度に客席でテンションが猛烈にあがっていました。

『サイレント・コメディ全史』喜劇映画研究会編によりますと、子役でデビューしたラングドンは、漫画家、床屋、薬販売の客寄せ興行などを経て、映画界入り。長編初主演の『初陣ハリー』のときすでに42歳、第四の喜劇王に上り詰め、すごい勢いで転落していきます…。そんなラングドンの不器用な人生ごと、『キネマと恋人』の登場人物たちはいとおしんだのではないかと思っています。

今年の東京国際映画祭で初披露した『初陣ハリー』を2020年2月23日は宮城県名取市「新・名取寄席part7@文化会館 山崎バニラの活弁大絵巻 in なとり」にてパワーアップで再演いたします。

本年もたくさんの応援まことにありがとうございました。今年は特に体調のことで関係各所様にご迷惑おかけし申し訳ありませんでした。皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。来年もなにとぞよろしくお願いいたします。

バニラアワード2019” に対して1件のコメントがあります。

  1. (本物の)昭和生まれ より:

    「皆さん、良いお年を」とコメントしようと思っていたら、ネットサーフィン(←死語?)をしすぎて年が変わっていました。バニラさん皆さん、あけましておめでとうございます!

  2. トキメィキボー より:

    ハーイ、バニラたん、亥年もおつかれさまですたっ(^o^)/
    本職の映画公開の記念すべき御年と成り、
    嬉しそうなご様子が伝わり…わたすもとても幸せな気分で過ごせますた♪
    公演には、お顔をみせること叶わず…残念ですたが、
    渋谷TO-EIカンでのオールスター発表会見☆
    あの貴重なひととき…観覧できたことは、感慨無量…忘れられぬ記憶となるでしょう(’-’*)♪
    いやぁ、たまたま都内まで講習の為、滞在中だったのでラッキー☆ですた♪ヽ(´▽`)/
    …来年も、バニラ味をたのしみに、お身体にはどうぞお気をつけて。
    ステキなバニラたんとまたお会いできるときをたのしみにしておりマス…(/▽\)♪

  3. TAKAじい より:

    弁護士やりながら活弁もやってます。こんばんは活動写真弁護士です。。。バニラさん1年間お疲れさまでした。六本木で観たバニラさんの『初陣ハリー』はとても楽しかったです。来年も楽しい活弁をいっぱいやって下さい。

この投稿はコメントできません。