最近見た邦画5選

IMG_1010

突然、集中力が切れたので、ブログでも更新しようと思います。写真は夫さんが強力粉やらドライイーストやらをこねて焼いてくれたパンです。焼きたてはますますおいしいです。今年もあっという間に9月で、2ヶ月に1枚のカレンダーをめくったら、残すところあと2ページでびっくりしました。そんな中、今年見た映画の数を数えたら108本。除夜の鐘のごとく、煩悩の数でした。煩悩…いろいろと心当たりがあります。それはさておき、心に残った邦画を列挙しておきます。

●『鴛鴦歌合戦』(1939)
ごんきや寄席に向け稽古をしている無声映画『雷電』でコメディアンぶりを発揮しているマキノ正博(のちに雅弘)が監督。同じく稽古中の『国士無双』で主演している片岡千恵蔵のトーキー、オペレッタ作品。なにこれ!面白い!!映画で音が出せるということをまだ喜んでいる感じが伝わってきます。通常、ミュージカルの歌は「歌」としてとらえられるのではなく、ストーリー展開の一環として、歌ってないものとして(?)処理されることが多いと思いますが、本作はソロを歌っている登場人物の周りのお侍衆がうなずきながらリズムをとって聞いているのが面白い。

●『時をかける少女』(2006)
飛ぶ鳥を落とす勢いの細田守監督によるアニメ長編。私は同監督による『バケモノの子』や『サマー・ウォーズ』より本作が好きでした。

●『不毛地帯』(1976)
山崎豊子さん原作の、仲代達也さん主演版。重厚な社会派ドラマで実は以前は途中で断念したけれど、私の映画スキルが上がって最後まで鑑賞できました。そして、すごかった…!他のバージョンやドラマなどいろいろ見てみたいです。

●『あ・うん』(1986)
向田邦子さん原作の、高倉健さん主演版。元野球選手の板東英二さんを健さんと同じくらい重要な役どころにキャスティングしたのが英断で、板東さんが数々の賞を受賞したのもうなずけます。大人の、なんとも言えない関係にある二組の夫婦にエンディングで「くわーっ」という感嘆詞が出てしまいました。

●『金融腐蝕列島 呪縛』(1999)
役所広司さん主演。総会屋対策に翻弄される会社の話。こんな時代もあったんですよね…!一昔前の映画を観ると当時の世の中のことがわかって面白いです。画面全体からすごい熱気が伝わりました。

邦画だけでも全然、書ききれません。なぜこんなに見る時間があるのかというと、掃除機や火を使う時以外の家事のほとんどの時間で映画が流れているからです。ながら見で申し訳ないのですが、オープンキッチンありがたい。パン焼く前↓

IMG_1008


2015年9月1日

コメント

TAKAじい2015年9月2日

お父さんは仕事より我が子が一番だよ〜ん。こんばんは、子煩悩です。自分は’50〜’60年代くらいの邦画が好きです。特に秋刀魚の味(1962)かな。サンマの塩焼きもおいしい季節ですね。

ベランダー2015年9月2日

既知と思いますが黒沢清監督の作品は面白いですよ。あと邦画ではないですが、ロシア版くまのプーさん、お勧めですhttp://www.youtube.com/watch?v=S3EBijdoCVQ

しとろん2015年9月2日

『つぐみ』を観る →西伊豆へ行く。 『時をかける少女』を観る →尾道へ行く。 『悲情城市』を観る →台湾へ行く。気に入った映画の場所へは行きたくなるんですよね〜 「パンが好き!」 →パンを作る。 →パン屋さんになる。「ひょっとして、あなたはジャムおじさん?!」「私はバタ子で〜す!」(ちょっと話題それた)

トキメィキボー2015年9月2日

月見だんご🍡…と思ってた人はきっと他にも居ると思う(^^ゞ 我が家はオーブンレンジよりも「ゴパン」を買えばよかったなぁと。映画といえば1日特割の日でしたね…ワンワン(>_<)…ところで、この日の報徳仕法は『逆境にも 順境にも 感謝の気持ちをもとう』…御意、仰る通りでござんす。ってな訳で、Vanillaトンの教習中~その後が心配です…(?_?)

(本物の)昭和生まれ2015年9月3日

う~む、書き込むか書き込まないか迷いましたが、書き込みますか…、例の東京五輪エンブレムの問題を。あっしは昨日(9月2日)、朝からずぅーとテレビを観れる状態だったのですが、まぁ取り上げているテレビ局や番組の違いで、こうも視点が異なるのですね。デザイナーの佐野研二を叩きまくっている番組も酷かった。「佐野研二がエンブレム撤回の会見を行わないとは何事だ!」と怒鳴っている評論家もいた。確かに今回の事の発端は、佐野研二の"デザイン模倣"にあるのはあっしも理解できます。が、こんな報道では"弱い者イジメ"と何ら変わりはない。評論家にそんな威力があるのならば「安保法案の反対意見」でも敏腕ぶりを発揮してほしい。前にも書き込みましたが、マスメディアは安倍晋三や自民党に平伏せている。与党連中にはペコペコするくせに、自分より地位の低い佐野研二に罵倒するのでは能無しだ。でも、今回のエンブレム撤回の責任の所在は、ハッキリさせなければならないと思う。事実、新国立競技場の件では、責任はウヤムヤにされましたよね。エンブレム撤回の記者会見でも、武藤敏郎は早々と責任を盥回しする発言をした。"新国立競技場"といい"エンブレム撤回"といい、お役人達は"血税垂れ流し"でも痛くも痒くもない"他人事"連中ばかりなのだ!それと、あの安倍晋三の煮え切らない態度も気に入らない。さきの新国立競技場の件で誰も更迭されなかったのは、安倍晋三が「安保法案可決」のダメージを恐れたからだとも言われている。安保法案でも東京五輪招致でも、安倍晋三は嘘つきだ!どこも「福島の放射能は"アンダーコントロール"されていない」のは、皆様もご承知だと思います(←現に汚染水を海に放出している)。今の状況では「5年後の東京五輪」は安倍晋三の「二枚舌五輪」「口先五輪」や「血税五輪」として失敗するだろう。

(本物の)昭和生まれ2015年9月4日

上の写真は、どう見ても「雪見だいふく」だ(笑)。下の写真は、麻雀のパイみたい(笑)。♪呑め呑めねえちゃん、呑め呑め先輩、呑め呑め仙人、まだまだか?母さん目に目に、牛すじ片手に、テカテカおっさんだ♪

ゆきのねこ2015年9月4日

まんじゅう怖い♪ パンでしたか、失礼!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最近の投稿

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー