コケシ・セレナーデ

活弁大絵巻のロビーでなかなかお客様のお見送りや、バニラこけしの販売が再開できないでおります。そんな中、こけしの映画が誕生しました!松本大樹監督『コケシ・セレナーデ』が11月29日「京まちなか映画祭」、そして12月11日よりOSシネマズ神戸ハーバーランドで上映されます。

大森くみこ弁士が予告編のナレーションをご担当されたご縁で、私もちゃっかり先に拝見させていただきました。

この大どんでん返しぶりは、大ヒット・インディーズ映画『カメラを止めるな!』を彷彿ともさせます。昨今の流行なのかもしれませんが、「あれ?」と思うような演技プランや、演出が、最後にものすごい勢いで回収されていきます。もちろん『カメラを止めるな!』とは全く違う形でです。

コロナ禍を逆手に取り、コロナ禍だからこそのストーリーで、私のような表現者には特に共感できるシーンもあり、出演者・監督の内なる声までも聞こえてきそうな作品です。主演の片山大輔さんの美しいハイトーン・ボイスがこんな形であらすじに絡んでくるとは…!これ以上はお口にチャック☆

宮城県白石市の弥治郎系こけしもたくさん登場しますよ♪

コケシ・セレナーデ” に対して2件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    おわび・・・バニラさんへ:今年のバニラカレンダーの11月24日(火)ですがお休み扱いの赤色で印刷してしまいました。24日は普通のウィークデーでした。きょう気が付きました。ごめんなさ~い!!

  2. TAKAじい より:

    アマビエこけしってのもあるらしいですね。みんなで呼ぼうアマビエさま。そしてコロナをみんなで予防!。。。全日本こけしコンクールも中止になっちゃったし「コケシ・セレナーデ」見て癒されたいですね。黄色いバニラこけし大切にしてますよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。