活弁大絵巻2021 ~デンジャラス家族~

山崎バニラの活弁大絵巻2021 ~デンジャラス家族~

2021年3月14日(日)14:00開演
■演目:『陽気な巴里っ子』『虚栄は地獄』『海の水はなぜからい』
■会場: こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ(最寄駅:新宿)

■料金: 一般¥2,500/高校生以下¥1,500 ※小学生以上のお子様からご入場いただけます
■チケット 全席指定 12月21日(月)10:00発売
スペース・ゼロ チケットデスク(インターネットのみ)
CNプレイガイド 0570-08-9999(平日11:00~15:00/土日10:00~15:00 時短営業)
ローソンチケット 0570-084-003 【Lコード:35221】
チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:551-331】

■主催・お問い合わせ:スペース・ゼロ 03-3375-8741
■協力:株式会社マツダ映画社/ 喜劇映画研究会

初のエルンスト・ルビッチ監督作品、大人なコメディ『陽気な巴里っ子』(1926)ピアノ弾き語り!内田吐夢監督『虚栄は地獄』(1925)大正琴弾き語り!漫画映画『海の水はなぜからい』(1935)白石弁活弁!?どれも“危険な家族”のお話です。というわけで、初の「未就学児入場不可」とさせていただきました。

来年はおかげさまで弁士デビュー20周年。『陽気な巴里っ子』はネタおろしすると決心するまで実は数年かかりました。エッフェル塔をあしらったチラシとともに発表していただいたからにはもう頑張るしかない。少し前になりますが、ホームページトップページのスライドショーは昨年のスペース・ゼロ出演時の写真に差し替えました。ご予定あけておいてください。

活弁大絵巻2021 ~デンジャラス家族~” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    こんどの選挙、家族で棄権します。市民マラソン、家族で棄権します。こんちわ「棄権な家族」です。。。来年の春、いつものスペース・ゼロでございますね。コロナがどっか行っちゃってますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。