趣味:活弁台本書き直し

川崎市アートセンター小劇場×映像館コラボレーション企画vol.4『映画のはじまりと活弁』
7月11日(日)14:00開演(13:30開場)
■会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

■演目
第1部「映画のはじまり」脚本・公演・出演:Platanus(プラタナス:原田亮、大谷恵理子、森山蓉子)
第2部「活弁へようこそ!」活動写真弁士:山崎バニラ 『キートンの文化生活一週間』『子宝騒動』
株式会社マツダ映画社所蔵

1ブロック完売していました。ありがとうございます!第1部「映画のはじまり」(演劇)は「映画のはじまり」に発明王エジソンが発明したキネトグラフを巡る楽しくびっくりするお話をPlatanusがオリジナルストーリーで上演。終演後に見学可能な特別展示もありますよ♪盛り沢山な内容でお届けする、映画の世界。ただいまチケット発売中、大人のみでのご来場もOKです。

先日、『キートンの文化生活一週間』の楽譜と台本を全部書き直したことをご報告しましたが、お恥ずかしながら『子宝騒動』も全部書き直しました。修正だらけの台本だと暗がりの本番で見間違う不安があるからです。そして私は台本のデジタル化&清書作業が実は楽しく、「趣味:活弁台本書き直し」と言ってもいいのではないかと思い始めました。

清書中に新たな修正点を見つけることもしばしばあります。このように無声映画は昔に作られたものですが、現在も活弁や生演奏がつくことによってずっとバージョンアップし続けるのも大きな魅力ではないかと思っております。

NHKラジオ第2放送「まいにちスペイン語」上半期の講座も折り返しとなりました。学生時代の私は短期留学先のマラガを発ち、バルセロナへ。7月からも毎週水曜日の小噺をお楽しみに☆

趣味:活弁台本書き直し” に対して2件のコメントがあります。

  1. ガノ より:

    仕事が趣味でもあるとか羨まし過ぎる。

  2. TAKAじい より:

    パンダばかり展示されている展覧会をアンデパンダン展って言うってホントっすか?(ウソっす)。。。上野動物園の双子のパンダの赤ちゃん誕生めでたいですね! 過去の修正だらけの台本は山崎バニラ博物館に展示されて伝説となることでありましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。