壱岐坂ボンクラージュ活弁ライブ

サイレント映画の旅『陽気な巴里っ子』壱岐坂ボンクラージュ、客席数半数の中、ちょうどの満席、ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました!!頭に大きな飾りをつけての登場でした♪ライブハウスなので、開演前から客席におりまして、後ろのお席のお客様に私が椅子用座布団をお渡しするアットホームな公演でした^^

なんと作曲家の谷川賢作さんと無声映画楽団カラード・モノトーンのフルート奏者・鈴木真紀子さんもご来場くださりました。谷川さんは日本アカデミー賞優秀音楽賞を3度も受賞され、NHK『その時歴史が動いた』のテーマ曲なども作曲された方です。終演後、谷川さんが弾き語り台本がどうなっているのかご興味を持ってくださり、真紀子さんと一緒にとても感心しながらご覧くださりました。

その時のお二人を全国小津安二郎ネットワークなど様々なお仕事でお世話になっている雨宮真由美さんが激写していてくださりました。看板犬パスカルさん越しのリハーサル風景もphoto by 雨宮さんです^^普段元気なのにライブ中は藤井秀男店長の近くで静かにしているパスカルさんえらい…!

『陽気な巴里っ子』を3年ほど前にサイレント映画ピアニスト・柳下美恵さんの演奏で鑑賞した際、あまりの面白さに私はついお隣の席の方に「私もいつか活弁したい」と告白。なんとその方もご来場くださり、私の目標達成を見届けてくださりました。ライブの良さや何が起こるかわからなさって、ライブ前後のこういう出来事も含めてですよね…!時世が落ち着いたらまた多くの方にお気軽にお楽しみいただけますように。

Twitterにお寄せいただいたご感想にもありましたが、昨日の私は完全にリミッター解除されていました(笑)私をよく知る喜劇映画研究会代表・新野敏也さんに「普段と、ステージ上のハッチャケぶりの差がすごい」と私にとっては最高の賛辞をいただきました。新野さんの解説、いつもながらマニアックで頗る非常に面白かったです☆

壱岐坂ボンクラージュ活弁ライブ” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    人間は・・・考える葦(あし)であるby看板犬パスカル⁈。。。ボンクラージュでの活弁お疲れ様でした。ボンクラなじじぃです。ハッチャケたバニラさん見たかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。