ホームページに有料プラグイン

ホームページを少し整理し、デザインも若干今風になりました。きっかけは各ページ最後のコピーライト表示をシンプルにするため方法を調べたところ、有料のプラグインをインストールするか、自分でcssを書き換えればできるということがわかりました。

私はWordPressで無料テーマのLightningをカスタマイズしています。 Lightning はコピーライト表示しなくて良いそうです。お金がかかっているのはサーバー代だけで、(自分で言うのもなんですが)こんなにちゃんとしたホームページを作れるなんてすごい時代、申し訳ないくらいです。

css(コード)は書き間違えるとホームページ全体の形が崩れるなど致命的になることがあるため、恐ろしくて自分でいじるのはやめとく主義…。そこで公式の有料プラグイン「Lightning Copyright Customizer」を初めて購入し、コピーライト表示はすんなり変更できました。その際、古い機能を使っていないか調べられる無料プラグイン「VK Legacy Notice」のインストールを進められました。 WordPressやテーマはしばしばアップデートがあるからです。

調べたところ、2つの機能が旧式だとわかりました。一つ目はすぐ解決できたので、なんだったか忘れてしまいました。問題は二つ目、特定の機能ウィジェット「VK 3PR エリア」が有効になっているので、「PRカラム」などで書き換えるよう指示が出ていました。私は自分のサイトのどこに 「VK 3PR エリア」 が使われているのかわからず、数日間、気が向いたときに調べていました。

どうしても見つからず、ふと、デフォルトで「有効化」されているだけで機能自体は使用しておらず、「無効化」すれば済むのではないか?と仮説を立てました。思い切って 「VK 3PR エリア」 を無効化すると…ホームページに影響は見当たらず「おめでとう!古い機能はありません。」とお祝いしていただき、たいへん嬉しかったです。

おかげでブロックを分割できる「カラム」という機能を知りました。そこで、動画ページを整理しました。トップページとブログ以外は1カラムにして「最近の投稿」のサイドバーを削除し、より固定ページらしくしました。また挿入する表のデザインも選べることがわかり、プロフィールページをかっこよくしました。デザインスキンも非推奨のものから推奨のものを選択し直したら、パソコンで画面をスクロールすると、各ページへのリンクが上部に表示され、見出しが少し変わり、全体的にスタイリッシュになりました。

WordPressでのホームページやブログ運営は個人の方の投稿に助けていただいております。これほど初歩的な経験談は見つけられず(汗)、解決するのに数日かかりましたので、備忘録かつ、どなたかのお役に立てれば幸いです。

ホームページに有料プラグイン” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    週刊大衆を枕代わりに寝ていたら加齢臭がついて週刊体臭になっちゃいました。。。ホームページの作成とかすっかり忘れましたが、オレンジ色だったころのバニラさんのホームページも懐かしいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。