第34回東京国際映画祭

4年連続、東京国際映画祭ユース部門TIFFチルドレンで活弁させていただけることになりました。写真は昨年までの六本木会場、今年は日比谷・銀座地区になります。

第34回東京国際映画祭は10月30日~11月8日の開催で、上映スケジュールは10月上旬に発表となります。チケットは10月23日(土)より映画祭公式サイトにて発売開始予定です。

弾き語りでは全作品ネタおろしで、今必死に曲を作っているところです。上映作品個別ページより引用させていただきます↓

山崎バニラの活弁小絵巻2021
Special Voice Performance by Yamazaki Vanilla

声優としても活躍している弁士山崎バニラが、サイレント映画に合わせ、大正琴やピアノの弾き語り活弁をする上映です。

『争闘阿修羅街』
監督:八代 毅
出演:ハヤフサ・ヒデト、大岡怪童、大河百々代
36分 無声 1938年 日本
配給:株式会社マツダ映画社
「昭和の鳥人」と呼ばれたハヤフサ・ヒデト監督、主演の痛快アクション活劇。スタントマンも命綱もなしで展開される超絶アクションは必見。

『ローレル&ハーディの山羊の失恋』
監督:ルイス・R・フォスター
出演:スタン・ローレル、オリヴァー・ハーディ、エドガー・ケネディー
22分 無声 1929年 アメリカ
配給:株式会社マツダ映画社
日本では「極楽コンビ」と呼ばれ一世を風靡。トーキー以降も長きにわたって活躍したローレル&ハーディの無声映画時代最後の作品。ヤギが主演のドラマチックな物語。

『ローレル&ハーディのリバティ』
監督:レオ・マッケリー
出演:スタン・ローレル、オリヴァー・ハーディ、ジェイムズ・フィンレイスン
18分 無声 1929年 アメリカ
配給:株式会社マツダ映画社
「笑いの代名詞」とも呼ばれた名プロデューサー、ハル・ローチのもとで1927年から正式にコンビを組み、世界的人気を博したローレル&ハーディの無声映画時代の代表作。

第34回東京国際映画祭” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    ♪あるがままの心で生きられぬ弱さを誰かのせいにして過ごしている~・・・by
    Mr.Children「名もなき詩」。。。チルドレンつながり?でバニラさんTIFFチルドレンご出演おめでとうございます!大河百々代さんて「ももよ」って読むんすかね。いまだったら「おかえりモヨ」って感じ⁈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。