舞台「アンデルセン童話集」

IMG_0268-2

ワラッチャオ!』メタホン役の谷山知宏君が出演中の舞台『アンデルセン童話集』を池袋のあうるすぽっとに見に行ってきました。こちら、子どもに見せたい舞台vol.9ということで、しっかり根付いていて、客席は親子連れで埋め尽くされていました。

谷山君は冒頭一人で登場し、いきなり子どもの心をつかみ、本当に感心しました。実は、私のお目当ては谷山君だけでなく、谷山君とともに主演していた深井順子さんも楽しみにうかがいました。なんと、私がまだバニラになる前、大学卒業後すぐに出演していた筒井ワールドの舞台で共演していたからです。

年々、観劇に行った先で見る折込チラシで知り合いの演劇人が減っていく中、深井さんは劇団も主宰するなど精力的にご活躍しているのを目にしていました。共演していた当時も飛びぬけて「お芝居が好き!」というオーラがあふれていたなぁ。

もともと“おはじきをはじいたような”声や雰囲気を持った方なのですが、15年ぶりに客席からステージを見ると、そのおはじきが透明に透き通ってキラキラはねながら進化しているのがわかり、圧巻でした。

今回、子どもに魅せるためのステージングがたいへん勉強になりました。子どもが演劇をこれほど楽しむ姿は感激でした。これをどう活弁や『ワラッチャオ!』に生かしていくのか…いろいろ考えたいと思います。

そして、大人の私はアンデルセンの奥深さを再認識しましたよ。例えば『はだかの王様』でいかさまの服職人が必死に透明の服を縫う姿は、狙ってなのか偶然か、耳が聞こえないフリをして、もがきながら作曲するフリをしていたあの方にそっくりでした。透明の服をありがたがる大人たちの姿が余計に滑稽に思えました。

歌もダンスも素晴らしく、舞台転換も衣装もすごい!みにくいアヒルの子なんて、小林幸子さんばりの白鳥に成長してましたから。これでチケット代が500~2,000円とは!豊島区は太っ腹です。8月16日まで上演中。

2015年8月11日

コメント

TAKAじい2015年8月12日

乱視なので子どものアヒルか白鳥かよくわかりません。よーくみたら子どものアヒル。見にくいアヒルの子でした。いつかバニラさんに子どもができたら親子で舞台鑑賞がたのしみですね。

しとろん2015年8月12日

「花は、花は、花は咲く、いつか生まれる君に」最近よくこの歌を口ずさんじゃうのですが、自分もかつての子供であって、親から見れば今でも自分は子供であると。親子って深いですよね。 そうそう、ある人のことを好きになると、その親御さんのことも好きになるのは何ででしょうかね。

(本物の)昭和生まれ2015年8月12日

「終戦の日」を目前に控えて、安倍晋三の戦後70年談話の話題から始めましょうか。当初、談話に「おわび」は盛り込まないとされ、世論の反発がありましたよね。一昨日、「やはり『おわび』が入れるかも」と一転した報道がなされ、あっしは"ムム"と感じました。どうも、「おわび」を入れるか否かは、国民世論ではなく、与党・公明党からの要望があったからだとのこと。正直、あんまり嬉しくも喜びもないよね、こんな裏事情だと。むしろ「やっぱりかぁ~そりゃ~安倍晋三のことだからなぁ~」というのが実感だ。安倍晋三にしたら「『おわび』は過去の村山談話(戦後50年)と小泉談話(戦後60年)で既に触れているから今回は無視したい」というのが本音ではなかろうか?で、野党や世論で批判が高まったら「過去の談話にあったから、それを引き継いでいる」といつものようにはぐらかすと思うぜ。だってさ、8月6日の広島の平和記念式典で「非核三原則」に触れなかったことを野党から指摘されたときにも、こんな"のほほん"とした答弁をしたもんね(長崎では「非核三原則」に触れたけれど、これは広島での反発があったからでしょ)。むしろ、あの紙(=カンニングペーパー)を棒読みの談話こそなんとかならないのか。思い出してほしい、先日「法的安定性はない」と発言した礒崎陽輔が国会で発言を取り消した際、ずぅ~~~と下を向いて"カンペ丸読み"だったことを。この件だけではなく、一連の安保法案の国会答弁にも同じことが言える。昨日(11日)、自衛隊の内部資料に「既に安保法案が可決されている」という点を追及された中谷防衛相は「きょう突然のご指摘でございますので、コメントは差し控えたいと思う」だって。あきれた、やはり『紙』がないと答弁できないのだ!別に今始まったことではないが、こんな連中に安保法案だけでなく、日本全体の政治を任せておいていいのだろうか?安倍晋三曰く「安保法案は『時の政権』が判断」だって。えっ?こんな「戦争大好き♥だって日本国民が我々政治家の盾になるんだもん♥」みたいな政府に、日本の平和や安全は保障できない!追伸:最近、カタい話ばかり書き込んだので、次はバニラさんとダンナさんの馴れ初めでも…(大ウソ)

トキメィキボー☆2015年8月14日

とりあえず、みにくいアヒルの子といえば想いだすのはガースケ先生…当時、金八先生と並んで心の支えでした(p_-)"ボクは一番星なんかじゃなーい!"…答えを~急ぐことはない~♪やがてわかるぅ…か~らぁ~♪by"君を忘れない"…先生、二十年経った今でも、星を夢みています★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 最近の投稿

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • アーカイブ

    • 2018
    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
  • カテゴリー