稽古場日誌:弾き語り台本デジタル化

写真左側が2017年上演時の『キートンのセブン・チャンス(テクニカラー版)』ピアノ弾き語り活弁台本。台詞は手書き。写真右側が2月23日(火・祝)14:00開演「山崎バニラの活弁大絵巻 in むさしの」武蔵野市民文化会館 大ホールで再演する際の台本。台詞も楽譜内に打ち込む作業65ページ分…、予定よりだいぶ時間がかかりまいましたが、見やすくなったのと、修正もしやすくなりました。

併映の漫画映画『大当り空の円タク』の大正琴弾き語り台本デジタル化も終了。今年は初めてオペラに出演させていただきますが、オペラの曲はよく弾き語り活弁にも取り入れています。『キートンのセブン・チャンス』はモーツアルトの『フィガロの結婚』をピアノで、漫画映画『大当り空の円タク』ではシューベルトの『魔王』を大正琴で(!?)演奏しながら活弁しています。

『大当り空の円タク』クライマックスの岩落ちシーンは第二部でご覧いただく『キートンのセブン・チャンス』のオマージュではないかと思っております。CGのない時代、『セブン・チャンス』の岩落ちはスタントもいなかったキートンのすさまじきアクション、映画史に残る名シーンです。『大当り空の円タク』ではアングルも、一度助かったと思いきや…という展開もだいぶ似ていて、いつか併映したいと思っておりました。是非見比べてみてください。

4歳以上入場可、祝日午後の公演、25歳以下1,000円(!)、初めての武蔵野市民文化会館、お近くの方は是非ご来場くださいませ。

山崎バニラの活弁大絵巻2021 ~デンジャラス家族~」3月14日(日)14:00開演(こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ)もチケット発売中です!

さて、昨日早速確定申告しました。e-Taxは今年からブラウザに拡張機能を追加せねばならないようです。また来年確定申告をする私あてに手紙追記しました。昨年もお仕事でお世話になった皆様に改めて感謝しながら入力しました。

稽古場日誌:弾き語り台本デジタル化” に対して1件のコメントがあります。

  1. TAKAじい より:

    妻は用事があって爪楊枝を買いに行きました。まさに妻用事。。。なんでもデジタル化出来ちゃうバニラさんってスゴイなぁ!でも手書きの台本もとても丁寧でカワイイので捨てがたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。